若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介のサムネイル

若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介

50代になると「老けたおばさん顔の人」と、「50代でも若々しく見える人」の差が大きくなります。これにはメイク方法も大きく関係が…。50代に最適なナチュラルだけど大人上品で、若々しく見えるメイクの仕方をお伝えします。

宍井えり
宍井えり

目次

50代メイクの基本はナチュラルで上品に《すっぴんも頑張りすぎもNG》

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278202)

50代のメイクのコツは、きちんとメイクするけど、やりすぎないこと。ノーファンデのすっぴんや最低限しかしない〈テキトーなメイク〉は年齢以上の老け顔になってしまい、反対に若返りを意識してトレンドばかりを追った〈頑張りメイク〉は若作りの印象でイタく見えてしまうからです。

シミやシワ、肌のくすみ、目の下のクマやまぶたのたるみなど、年齢を重ねて気になる部分をカバーしながらも、ナチュラルで上品な大人の女性に見せるのが50代メイクのポイント。50代の魅力的な女優さんを思い浮かべてみてください。

  • 石田ゆり子 さん
  • 天海祐希 さん
  • 鈴木京香 さん

どの方もナチュラルメイクで自然体。若見えで、50代の年齢をまったく感じさせません。

若見えと老け顔の違いとは何でしょうか?

  • 若見え:健康的、イキイキしている、女性らしい
  • 老け顔:不健康、疲れている、不満顔(仏頂面)

50代のメイクはこのような老け顔を解消し、若見えになる方法を目指します。

次からはパーツ別に、50代メイクの具体的やり方とおすすめ化粧品をご紹介していきます。

《ベースメイク》50代はうるおい重視!厚塗りを避ける

若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介の画像

50代のベースメイクのポイントは、肌のうるおい感を重視したベースづくりです。これは肌の乾燥がメイクでシワを目立たせたり肌のくすみを強調したりして、老け顔になるのを防ぐため。ベースづくりではシミもクマも隠したいですが、カバーしようとすればするほど厚塗りになって肌を乾燥させ、老け感が増してしまいます。

<50代ベースメイクのポイント>

  • ファンデーションは保湿力の高いものを選んで塗りすぎない
  • コントロールカラーはオレンジがおすすめ
  • 伸びのよい柔らかめのコンシーラーでシミをカバー

リキッドorクリームが50代の最適ファンデーション

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#277965)

50代メイクのファンデーションは、乾燥を防ぐ保湿力の高いものがおすすめです。ファンデのタイプは、水分の割合が多く保湿剤も配合されていてトリートメント性が高いリキッドファンデーションかクリームファンデーションを選んでみてください。肌が乾燥してシワが目立つのを防ぎ、うるおいのある肌に仕上がります。

<リキッドとクリームファンデーションの違い>

  • リキッド:伸びがよくナチュラルでみずみずしい仕上がり、艶も出せる
  • クリーム:密着力が強くハイカバー、保湿力が高い

リキッドもクリームも塗り方がポイント。リキッドは薄づきなので、気になるシミやクマはコンシーラーやコントロールカラーでのカバーが必要です。クリームは厚塗りになりやすいので、中心からフェイスラインへ向かって少量を伸ばすようにして塗るようにしましょう。

50代おすすめファンデ①高級クリームのような使い心地でツヤ肌に【クレ・ド・ポーボーテ】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#277956)

クレドポーのロングセラー(※)クリームファンデーション。カバー力がありながらトリートメント効果で肌にうるおいも与えて、しっとりとしたツヤのある肌に仕上げます。保湿力が高いのに化粧崩れもしにくく、乾燥が気になる50代ならオールシーズンこれ1本でもOKです。毛穴やくすみ、クマなどのカバーもコンシーラーなしで仕上げられます。

価格は1万円オーバーと高めですが、1回の使用量は米粒ほどで長く使えるのでコスパは悪くありません。50代でファンデ選びに迷ったら、まずはこれを選べば間違いありません。

※2021年8月21日にリニューアルバージョンが発売予定

50代おすすめファンデ②素肌っぽいのにカバー力抜群【コフレドール】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#277960)

素肌っぽく仕上がるのに、毛穴や色ムラをしっかりとカバーできるリキッドファンデーション。リキッドはクリームに近い濃厚な液状で、「とろけた生チョコ」のような質感です。肌に馴染むととろけるオイルを配合しているので伸びがよく、シワや毛穴などの肌の凹凸をなめらかにカバーできます。

保湿成分も豊富に配合され、サンケア指数は〈SPA25PA++〉と50代のベースメイクに必要なファクターがしっかりと揃っています。

50代おすすめファンデ③プチプラでもハイカバー&リアルな質感【ケイト】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#277964)

ハイカバーで、長時間カバー力が持続するリキッドファンデーション。毛穴やシワの凹凸を光の効果でカバーしながらも肌の質感も殺すことなく、素肌っぽいセミツヤの肌に仕上げます。保湿成分も配合され、プチプラでも50代におすすめできるアイテムです。

クマやくすみはコントロールカラーでカバー《50代はオレンジがおすすめ》

ベースが厚塗りになるのを避けるためには、ファンデーションの前に目の下のクマや肌のくすみを下地でカバーしておくのがポイント。色ムラを整えるコントロールカラーを使いましょう。くすみ感が強い50代におすすめは、オレンジ系のコントロールカラー。茶ぐすみによる目の下のクマや、たるみによる影をカバーするのに最適のカラーです。

50代おすすめコントロールカラー 下地だけでも肌が整う修正力【エレガンス】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#277970)

肌なじみのよいオレンジで、健康的でフレッシュな肌色に修正してくれるコントロールカラーです。伸びがよく艶も出るので、マットタイプのファンデーションとの相性はちょうどよい塩梅に。リニューアルして美容成分が追加され、さらに乾燥しにくくなりました。

同じカラーアップベースのUVタイプもありますが、50代の肌ならこちらのタイプのほうが乾燥しにくいのでおすすめ。サンケア指数も〈SPF25 PA++〉を備えているので、普段使いには充分です。

目の下のクマは、クマの色によってお手入れやカバーの方法も違います。もっと詳しく目の下のクマの解消方法ついて知りたい場合は、こちらもチェック!→  目の下のくまで+10歳の老け顔に!【マッサージやコンシーラーによる原因別の改善方法】

コンシーラーは伸びがよく美容成分が配合されたものを

50代で使うコンシーラーは、できるだけ伸びがよいものがおすすめです。硬めで伸びが悪いと、ひび割れのようになったりシワに入ってよれたりして老け顔の原因になってしまいます。美容成分が配合された保湿効果の高いものなら、さらに◎です。

50代おすすめコンシーラー 全顔に使えてファンデいらず?【ディオール】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#277975)

LIPSでも〈2020年ベストコスメ コンシーラー人気No.1〉を獲得!顔全体に使えるのがポイントです。カバー力が長時間持続するのにナチュラルに仕上がるので、顔全体のいろいろな部分に使ってもセメントのように残ったり、素肌との違和感を与えることがありません。「ファンデなしでこのコンシーラーだけでベースメイクを仕上げる」という人もいるほど。

植物エキスはじめとした80%のスキンケア成分が配合されて乾燥を防ぎ、肌のシミやくまをカバーしながら美肌に整えることができるコンシーラーです。

《チーク&ハイライト》50代は入れる位置と光効果でたるみをカバー

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278203)

50代の若見えメイクで、チークとハイライトはとても重要です。チークもハイライトも入れる位置と入れ方で、顔全体の印象が左右されます

<50代チークのポイント>

  • 今までよりも高い位置に入れる
  • ほうれい線や頬のこけた部分に入らないようにする
  • シャープだと古臭く、大きすぎると若作りに…
  • 薄くつけてぼかすを繰り返し、ふんわりした血色を出す

<50代ハイライトのポイント>

  • 光を集める視覚効果を狙う
  • 光らせるのではなく光で目をそらす
  • 凹んだ部分に入れてふっくらさせる

チークは入れる位置が最重要!50代はこれまでより高く

若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介の画像

チークはアイテムの良し悪しよりも、色を入れる位置がとても重要。50代の顔のたるみを左右するのがチークを入れる位置だからです。これまでは「頬骨の一番高い位置」や「目尻から指3本分の位置」を意識して入れていたチークを、もっと高い位置から入れるようにしてみましょう。

  1. チークを大きめのブラシに取り、手の甲やティッシュでなじませる
  2. 目尻から指2本分くらいの位置にのせる
  3. ブラシをふんわりとクルクルさせ、こめかみ辺りへ向かって伸ばす
  4. 血色が浮き上がってくるような発色まで、2と3を繰り返す

3の「ふんわり入れる」がポイントです。シャープに入れるときつく古臭いイメージになり、大きく入れすぎると子供っぽく若作りの印象を与えてしまいます。さらに気を付けたいのが、ふんわり入れる範囲です。ほうれい線や頬が凹んだ部分にチークがはみ出すと、影を作って老け感を目立たせてしまうので要注意です。

50代おすすめチーク① 薄づきで重ねながらふんわり発色する【MAC】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278011)

MACの優秀のチークの中でも、50代向けの艶を抑えたタイプです。微粒子の粉が固くプレスされているので薄くつき、重ねるごとに発色していくので色味や入れ具合の調整がしやすいのがポイント。「メルバ」はコーラルピーチで〈イエベ〉タイプの方に、「ウェルドレスト」は青みのややツヤがあるピンクで〈ブルべ〉タイプの方におすすめのカラーです。

50代おすすめチーク②色も豊富なLIPS人気NO.1のプチプラ【セザンヌ】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278020)

20色もバリエーションがあり、価格は300円台の超プチプラなのでいくつも揃えられる人気のチークです。何色かをブレンドしたり、チークを濃淡にグラデーションさせたりして使うのにも便利です。「01:ピーチピンク」が〈イエベ〉タイプの方に、「09:ナチュラルピンク」が〈ブルべ〉タイプの方におすすめカラー。

付属のブラシは小さくてチークが理想の位置に入れにくいので、大きくて柔らかい毛のチーク専用ブラシを使いましょう。

ハイライトで光を集めて視覚効果をねらう

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278032)

50代メイクでのハイライトは、肌を光らせるためではなく、たるみで凹んだ部分をリフトアップするために使います。ハイライトを入れる部分は〈眉弓骨〉、〈目の下の三角地帯〉、〈こめかみ横のCゾーン〉の3か所です。50代の肌にパール感の強すぎるパウダーはNGなので、控えめなパール感で上品なツヤが出るタイプを選ぶのがポイント。

50代おすすめハイライト①上品なツヤと立体感出す【M・A・C】

ハイライト効果を出すMACフェイスパウダーのベストセラー色が、シャンパンベージュの「ライトスカペード」。薄づきでツヤを出しながらもテカテカすることなく、上品な立体感を出してくれる名品です。

50代おすすめハイライト②高鮮度パールで肌に光沢を与える人気のプチプラ【セザンヌ】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278036)

LIPSでもハイライト人気NO.1のプチプラアイテム。細かいパールでぬれたようなツヤを出してくれます。カラーは「01:シャンパンベージュ」が万能でおすすめ。50代には少々パール感が強いので、使う量を控えめにするのがポイントです。

《アイシャドウ&アイライナー》50代はまぶたのたるみを引き上げるアイメイクを

若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介の画像

50代メイクで一番の解決したい悩みが、まぶたのたるみで目がくぼむこと。だからといって小さくなった目をパッチリさせようと、アイシャドウを強くしたりアイラインを太く入れたりするとかえって若見えから遠ざかってしまいます。50代のアイメイクではまぶたを明るくして、たるみを引き上げる効果を狙いましょう。

<50代アイシャドウのポイント>

  • 影をつくらない(色を重ねすぎない)
  • しっとり系の微粒子パウダーを選ぶ
  • 強すぎるパールやラメはシワが目立つのでNG

<50代アイライナーのポイント>

  • アイライナーは線を引くのではなく点を打つ
  • ペンシルタイプのジェルアイライナーがベスト
  • ブラックよりもブラウンで柔らかく

アイシャドウは《よれない・乾かない・フィットする》アイテムを選ぶ

50代のアイシャドウ選びではテクスチャーがポイントです。ベースメイクと同じで乾燥を避けるために、うるおい力のあるタイプがおすすめ。クリームタイプは扱いが難しくヨレてシワを目立たせやすいので、超微粒子系のしっとりしたパウダータイプを選びましょう。

色選びやつけ方のポイントは、くぼんだ目にさらに影を付けないように色を重ねすぎないことです。4色入りのパレットでも濃淡の2色使いで、目元を明るくみせましょう。

50代おすすめアイシャドウ 絹のようなヴェールで大人メイクに最適の上品なツヤを与える【スック】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278055)

超微粒子でピタッと密着し、まぶたに絹の膜を張ったような仕上がりになるアイシャドウです。「04:純撫子」は50代の大人女性にピッタリの、上品なアプリコット系のピンクグラデーション。まぶたのくすみをカバーできるおすすめのカラーバリエーションです。重ねても透明感が濁らないのがウリですが、50代は目元がくすまないように2~3色使いにとどめておきましょう。

アイライナーは線を引くのではなく点を打つ

50代のアイライナーの入れ方のポイントは、線を引くのではなく、まつ毛とまつ毛の間に点を打つように色を入れていくこと。まつ毛の本数が減り、ぼんやりしてきた目元を引き締めて目をパッチリさせるのがこの方法です。発色がよくて滲みにくく、描きやすいジェルアイライナーがおすすめ。弱くなった目力にブラックのアイライナーは強すぎるので、色はブラウンを選んでみてください。

50代おすすめアイライナー 極細で初心者でも描きやすいプチプラ【キャンメイク】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278078)

極細で細かい部分にも色を入れやすく、クリーミーでスルスルと描けて初心者でも使いやすいジェルアイライナー。発色が良いのに一度乾くと落ちにくいのでまぶたが下がり気味で目の下にアイライナーが落ちやすい50代にも最適です。繰り出し式で出した分は戻らないので、芯の出しすぎには要注意。

《マスカラ&アイブロウ》50代のやりすぎ感&古臭さを解消するポイント

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278206)

マスカラとアイブロウは一歩間違うと、「頑張ってる感」や「昔のメイク」を感じさせてしまいます。このパーツは、脱・おばさんのポイント。整えつつもナチュラル感を重視して、柔らかさを出していきましょう。

<50代マスカラのポイント>

  • まつ毛は目のボリュームに合わせてマスカラで仕上げる
  • 50代にやりすぎ「まつエク」は不要

<50代アイブロウのポイント>

  • グラデーションのあるナチュラルな太眉に
  • 少なくなった眉はリキッドアイブロウで補足

マスカラは小さくなった目のボリューム感に合わせる

50代のまつ毛メイクは、小さくすぼみがちな目の大きさに合わせて少し控えめにするのがポイント。まつ毛のボリュームや長さは、目の大きさとバランスを取ったほうがナチュラルだからです。

年齢を重ねると、まぶたのたるみでどうしても目が小さくなってしまいます。それなのにまつ毛だけ長くフサフサしていると不自然に見え、「ナチュラルで上品な大人メイク」とはかけ離れたものに…。まつ毛エクステは卒業して、繊細なブラシのマスカラでまつ毛の1本1本を長く、丁寧にボリュームアップしていきましょう。

50代おすすめマスカラ 極細のブラシが短いまつ毛もしっかりキャッチ【ヒロインメイク】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278113)

極細のブラシが短く細くなってしまった50代のまつ毛もしっかりとキャッチして、自然な長さとボリュームを出してくれる優秀マスカラです。持ち手も長すぎず短すぎずで、とにかくつけやすいのがポイント。これまで下まつ毛にマスカラを付けていなかった方も、これさえあれば上手くつけられるようになります。

アイブロウは濃淡をつけてナチュラルな太眉に

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278180)

50代のアイブロウメイクは、描いているけど作り込んでないように見せる、ナチュラルな太眉が目標。けれども50代にはこれが以外と難しい…。なぜなら加齢で眉毛が薄くなったり、これまでに剃ったり抜いたりして毛が少なくなっている方が多いからです。

ペンシルでしっかりと描き込もうとすると、のっぺりと張りついたような眉になってしまいます。毛が足りない部分だけを描き足したら、パウダーで濃淡をつけながら全体に太さを出しましょう。消えやすい眉尻やしっかりラインを出したい下眉は、リキッドタイプを使うのもおすすめです。

50代おすすめアイブロウ①1本でグラデーションのある眉が完成する3機能つき【エクセル】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278182)

ペンシル、パウダー、スクリューブラシの3つの機能が1本に集約されたアイブロウペンシルです。硬めのペンシルで眉の輪郭を整えたら、パウダーで少しずつ色を重ねていきます。薄づきなのでグラデーションがつけやすく、失敗しても付属のブラシですぐに消すことができるのも便利です。

50代おすすめアイブロウ②擦っても濡れても落ちないので眉尻に最適【ファシオ】

髪や手が触れて描いても落ちやすい眉尻には、リキッドタイプのアイブロウがおすすめ。コシのある筆で足りない1本1本を描き足すだけで、消えにくい眉尻を長時間キープすることができます。リキッドは薄い色味で透け感があるのでべったりとつくことはなく、乾いた後はパウダーをのせればグラデーションのある眉に仕上がります。

《リップ》オーバーリップ&口角上げで50代の幸せ顔に

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278196)

唇の厚みが薄くなり顔のたるみで口角が下がり気味の50代のリップは、唇の山を高めに取って口角も上げて描くのがポイントです。肌だけでなく唇も乾燥しやすくなる50代は、リップをつけていてもみずみずしさはキープしたいところ…。マスク生活では落ちにくいマットタイプやティントタイプで、乾燥しにくいものがおすすめです。

50代おすすめリップ①マットだけど乾燥しない!女性らしい口元になるピンク【ディオール】

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278192)

サテン・マット・メタリック・ベルベットの4タイプの質感が選べるディオールのリップの中で、ハーフマットな質感の「060:プレミア」がおすすめ。控えめピンクながら顔色を明るくさせ、大人の女性らしさが出せる口紅です。リップブラシを使ってきれいな唇の山と、しっかりと引き上げた口角を描きましょう。

50代おすすめリップ②マスク生活で活躍!色が残るティントタイプ【クレ・ド・ポーボーテ】

マスク生活になってから注目されているティントタイプは、唇の㏗と水分量の影響で発色して飲食しても色落ちしないのが特徴。自然な発色でツヤも出る、ロングラスティングの色つきリップのようなアイテムです。ティントタイプは乾燥しやすいのがデメリットでしたが、マニフィカトゥールレーブルnでは薬用有効成分やボタニカルオイルを配合し、乾燥を防いでうるおいがキープしやすくなりました。

女ざかりの50代!メイクでもっと女性らしさを謳歌しましょう

「若見え50代メイクで《脱!老け顔》プチプラからデパコスまでおすすめ化粧品も紹介」の画像(#278201)

50代のメイクの基本はナチュラルで上品に。きちんとメイクするけど、頑張りすぎに見せないのが若々しく見えるポイントです。肌のうるおい感を重視したベースメイク、たるんだ肌を持ち上げて立体感を出すチークやハイライト、大人の落ち着きのあるアイメイク、幸福感のある口元に仕上げ、50代の女性らしさを楽しみましょう。

理想や目標とする50代の芸能人や女優さんを見つけて、魅力的なところを真似して取り入れていくのもおすすめです♪

40代のメイクと50代のメイクの違いがわかると、変えるべきところが明確に。こちらの記事もぜひチェックしておいてください♪→  《40代基本のメイク術》3つのポイントを意識するだけで大人女子を素敵に見せる

この記事で紹介した商品

商品画像ブランド商品名特徴カテゴリー評価参考価格商品リンク
タンクレームエクラ / クレ・ド・ポー ボーテ

クレ・ド・ポー ボーテ

タンクレームエクラ

”塗った直後はかなりのマット肌に仕上がりますが、時間が経つにつれてツヤ肌へと変化していきます。”

クリーム・エマルジョンファンデーション

  • 評価 : VeryGood4.3
  • クチコミ数:22件
  • クリップ数:128件
13,200円(税込)
詳細を見る
ヌーディカバー モイスチャーリクイドUV / コフレドール

コフレドール

ヌーディカバー モイスチャーリクイドUV

”しっかり色ムラをカバーしてくれる!厚塗り感なくて自然な仕上がりです。”

リキッドファンデーション

  • 評価 : Good3.8
  • クチコミ数:43件
  • クリップ数:209件
3,850円(税込/編集部調べ)
詳細を見る
リアルカバーリキッド(ライトグロウ) / KATE

KATE

リアルカバーリキッド(ライトグロウ)

”結構カバー力があって、しっかりメイクした肌になれます”

リキッドファンデーション

  • 評価 : Good3.6
  • クチコミ数:279件
  • クリップ数:1586件
1,760円(税込/編集部調べ)
詳細を見る
モデリング カラーアップ ベース / Elégance

Elégance

モデリング カラーアップ ベース

” 素肌が綺麗な人であれば、この下地とお粉だけで良いんじゃないかなと思います。”

化粧下地

  • 評価 : VeryGood4.9
  • クチコミ数:94件
  • クリップ数:1557件
4,950円(税込)
詳細を見る
ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー / Dior

Dior

ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー

”とにかくカバー力が高く、肌にピタッと密着します。 厚塗り感もなく、ナチュラルに仕上がります。”

コンシーラー

  • 評価 : Excellent5.0
  • クチコミ数:640件
  • クリップ数:11699件
4,620円(税込)
詳細を見る
パウダー ブラッシュ / M・A・C

M・A・C

パウダー ブラッシュ

”細かいシルバーのパールがとても可愛いツヤ感を出してくれ、透明感も♡”

パウダーチーク

  • 評価 : VeryGood4.5
  • クチコミ数:347件
  • クリップ数:2350件
3,520円(税込)
詳細を見る
ナチュラル チークN / CEZANNE

CEZANNE

ナチュラル チークN

”ふんわり透け感、しっとりパウダーチーク♡とても発色がGood!プチプラとは思えない!”

パウダーチーク

  • 評価 : VeryGood4.6
  • クチコミ数:12338件
  • クリップ数:95575件
396円(税込)
詳細を見る
パールグロウハイライト / CEZANNE

CEZANNE

パールグロウハイライト

”肌のキメを細かく見せてくれる大人気なプチプラハイライト!滲み出るようなツヤ感を演出”

ハイライト

  • 評価 : VeryGood4.7
  • クチコミ数:9672件
  • クリップ数:111306件
660円(税込)
詳細を見る
クリーミータッチライナー / キャンメイク

キャンメイク

クリーミータッチライナー

”濃厚発色、高密度、1.5mmの超極細ジェルアイライナー!長時間綺麗な仕上がりをキープ”

ジェルアイライナー

  • 評価 : Excellent5.0
  • クチコミ数:8031件
  • クリップ数:80733件
715円(税込)
詳細を見る
マイクロマスカラ アドバンストフィルム / ヒロインメイク

ヒロインメイク

マイクロマスカラ アドバンストフィルム

”まつげのキワからしっかりと塗りやすい形◎塗り残しがちな目頭・目尻のまつげにも!”

マスカラ

  • 評価 : Excellent5.0
  • クチコミ数:1182件
  • クリップ数:12778件
1,320円(税込)
詳細を見る
パウダー&ペンシル アイブロウ EX / excel

excel

パウダー&ペンシル アイブロウ EX

”ペンシルとパウダーとブラシの3セットが一本に!ペンシルが楕円形で細い線も太い線も描ける”

アイブロウペンシル

  • 評価 : VeryGood4.8
  • クチコミ数:1859件
  • クリップ数:40361件
1,595円(税込)
詳細を見る
パーフェクト アイブロウ N (リキッド&パウダー) / FASIO

FASIO

パーフェクト アイブロウ N (リキッド&パウダー)

”ラスティング力が高く、流れ落ちない。くずれにくい。”

リキッドアイブロウ

  • 評価 : VeryGood4.4
  • クチコミ数:54件
  • クリップ数:613件
1,650円(税込/編集部調べ)
詳細を見る
マニフィカトゥールレーブルn / クレ・ド・ポー ボーテ

クレ・ド・ポー ボーテ

マニフィカトゥールレーブルn

”はちみつのようにとろけるコーラル ハニー&オレンジの香り 🍯🍊”

リップケア・リップクリーム

  • 評価 : VeryGood4.2
  • クチコミ数:48件
  • クリップ数:171件
詳細を見る

記事をシェアして友達に教えてみよう!

ピックアップ記事

新作コスメカレンダー

本日発売の新作コスメをチェック! 人気ブランドのコスメ最新情報が丸わかりです♡

2021年07月25日(Sun)

無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、クリップするには会員登録が必要です

※webで商品をクリップするには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています