宇井 千穂
監修者

やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 院長宇井 千穂

全日空客室乗務員を経て北里大学医学部を卒業し、現在、皮膚科医・美容皮膚科医として、秋葉原駅近くにある「やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院」の院長を勤めている。 シミ治療をはじめとしたアンチエイジングを得意とする医療を提供。皮膚科医としては、本(アトピーを治す方法)を出版するなど、アトピー性皮膚炎やニキビなどを中心とした皮膚疾患を診察している。 娘を先天性異常である18トリソミーで亡くしていることから、ダウン症などの患者さんを取り巻く環境も考え、偏見をもたれやすい疾患に対しての活動も行う。 web雑誌での連載やサプリメント、化粧品の監修など、多方面で活躍中。
続きを読む
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院のホームページはこちら
この記事内で紹介しているアイテムの選定はライター・編集部判断によるものです

美容液の役割とその効果とは?

美容液はスキンケアにプラスαで取り入れてお悩みにアプローチするアイテム。エイジングケア美容液や美白美容液など、いろいろな特徴をもった美容液がある!

美容液は、化粧水・乳液・クリームといった基本のスキンケアにプラスして取り入れるスペシャルケアアイテム。肌悩みに合った集中的なケアができるため、普段のスキンケアに加えることで、より理想の美肌へと近づきます。

特定の保湿成分や整肌成分、有効成分が配合されているものが多く、保湿・美白*¹・エイジングケア*²・ニキビや肌荒れ予防など、スキンケアの目的やニーズに合わせて選びやすいのも特徴です。さらに目元向け・口まわりの肌ケア向けなど、部分的なお手入れにおすすめのアイテムや、乾燥肌・脂性肌・敏感肌といった肌質に合わせたものもあります。

複数のアイテムを部分的に使い分けたり、種類や機能別にチョイスできるのも魅力。肌悩みや目的に合わせて、自分が使いやすいものを選んでみてくださいね。

*1:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

*2:年齢に応じた化粧品等によるケアのこと

宇井 千穂監修者
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 院長
宇井 千穂

どの美容液を使う場合でも、アレルギーが起こる可能性を考えて、まず手などで試してから顔全体に塗布するようにしましょう。 また、配合成分だけでなくテクスチャーも選ぶうえで重要です。毎日使用するアイテムですので、まずは自分が使いやすいものを選ぶようにしましょう。

理想の肌に近づく!自分に合った美容液の選び方

美容液を選ぶといっても、人によって肌悩みや目的はさまざま。自分に合う美容液を見つけるためにも、選び方を押さえましょう。

①肌悩みや目的から選ぼう

美容液にはいろいろなタイプがあり、年代や肌悩みによって相性の良いアイテムが異なります。理想のスキンケアや、目的に合ったアイテムを選びましょう。

乾燥・乾燥くすみ:保湿美容液でうるおいケアに力を入れよう

保湿美容液は10代〜50代におすすめ!乾燥・ごわつき・乾燥くすみなどのお悩みに効果的!注目成分はセラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸Naなどがある。

肌の乾燥や、乾燥による皮膚のくすみが気になる時は、保湿力に優れた美容液でケアしましょう。保湿美容液は肌のうるおいを長持ちさせ、カサつきにくい美肌へと導きます。以下の保湿成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • セラミド
  • コラーゲン
  • ライスパワーNo.11
  • プロテオグリカン…など

肌本来の保水力が弱くなり、うるおいを与えても維持しにくい状態になっている乾燥肌や敏感肌の人。年齢とともに徐々に肌のバリア機能が低下し、うるおいを維持する力が低下しやすくなっている30代以降の人は、保湿力に優れた美容液を手に取ってみてください。

保湿美容液のおすすめはこちらで紹介しています!

宇井 千穂監修者
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 院長
宇井 千穂

保湿は基礎化粧のなかで特に大事なポイントです。毎日使って丁寧な保湿を心がけましょう。

シミ・そばかす:美白*美容液でうるおったツヤ肌を目指して

美白美容液は30代〜50代におすすめ!シミ・そばかす・乾燥くすみ・紫外線ダメージなどのお悩みに効果的!注目成分はビタミンC誘導体、ナイアシンアミド、トラネキサム酸などがある。

30代~50代の人の悩みで多いのが、シミ・そばかす。シミ・そばかす悩みには、有効成分が配合された美白*美容液がおすすめです。以下の有効成分が配合されている“医薬部外品”の商品を選びましょう。

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)
  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • カモミラET
  • 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)…など

美白*美容液のおすすめ商品はこちらで紹介しています。また、美容液を取り入れるだけでなく、紫外線対策をしっかりすることも大切です。屋内で過ごす時や冬場でも日焼け止めを塗ったり、紫外線量が多い時の外出時は日傘を使用したりと、UVケアを意識して過ごしてみてください。

* メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

ニキビ・テカリ:医薬部外品のニキビ予防美容液で肌荒れを防ぐ!

ニキビ予防美容液は10代〜30代におすすめ!ニキビ・テカリなどのお悩みに効果的!抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウム、アラントインなどが配合されている。サリチル酸、乳酸など殺菌成分が含まれている医薬部外品もチェック!

ニキビを防ぎたい時や、皮脂が過剰に分泌されやすく肌のテカリに悩んでいるなら、皮脂をケアや肌荒れ予防に効果のある有効成分を配合している美容液がおすすめ。顔全体に使うタイプもあれば、部分的なケアに向いているタイプもあるので、自分が使いやすいものをチョイスしてみてください。

特に20代~30代の肌はゆらぎやすく、肌荒れや大人ニキビにお悩みの人も多いです。肌荒れを防ぐ有効成分や殺菌成分が配合されたものを選び、すこやかな肌をキープしましょう。ニキビのもとになりにくいかどうかをチェックした、“ノンコメドジェニックテスト済み*”の美容液も向いています。

年齢や肌質によってニキビの原因は異なりますが、肌のバリア機能が低下すると、肌がカサつきやすくなり、乾燥から肌を守ろうと皮脂分泌が活発になることがあります。有効成分だけでなく、セラミドやビタミンC誘導体といった保湿成分が配合されているものを選ぶのもポイントです。

*全ての方にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。

毛穴の目立ち:毛穴ケア美容液で肌のうるおいバランスを整えよう

毛穴ケア美容液は20代〜40代におすすめ!毛穴の目立ち・ごわつき・毛穴の黒ずみ汚れなどのお悩みに効果的!注目成分はアラントイン、ビタミンC誘導体、セラミド、角質ケア成分などがある。

毛穴の目立ち・黒ずみ*に悩んでいる人には、毛穴ケア美容液がおすすめです。肌のうるおいと油分のバランスを整えて皮脂をケアをしたり、角層をやわらかくしたりして、毛穴に汚れや皮脂が詰まりにくい状態へ導きます。

以下の整肌成分が配合されているものがおすすめです。

  • アラントイン
  • ビタミンC誘導体
  • セラミド など

また毛穴の目立ち悩みといってもさまざまな原因があり、悩みに合うものが違います。

  • 肌のごわつきや毛穴の詰まり…ピーリングタイプ
  • 乾燥によるもの…肌にうるおいとハリを与える保湿タイプ
  • 皮脂によるもの…皮脂ケアタイプ

毛穴悩みは年齢や、肌質によって種類が異なります。自分のお悩みと肌質をチェックしながら、相性の良い美容液を見つけてみてくださいね。おすすめの毛穴ケア美容液はこちらで紹介しています!

*古い角質や汚れ

ハリ不足:エイジングケア*美容液でいきいきとした印象を目指そう

エイジングケア美容液は30代〜50代におすすめ!ツヤ感/ハリ不足、乾燥くすみ、シミ、そばかす、年齢サインなどのお悩みに効果的!注目成分はペプチド類、コラーゲン、トラネキサム酸、レチノールなどがある。

肌のハリや、乾燥によるくすみが気になる時は、エイジングケア*をうたったものを選んでみましょう。一般的に“エイジングケア*美容液”と呼ばれているアイテムは、複数の保湿成分や、整肌成分が配合されているものが多く、保湿+αの機能性に優れたものがたくさんあります。うるおいのあるなめらかな肌を目指したい時にも向いていますよ。

特に、年齢サインが目立ちやすくなる30~50代は、コラーゲン・セラミド・ペプチド類・レチノールといった成分が配合されているものを選んでみて。肌にうるおいとハリを与えて、ツヤのあるいきいきとした印象の美肌を叶えてくれますよ。

*年齢に応じた化粧品等によるケアのこと

宇井 千穂監修者
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 院長
宇井 千穂

成分にはレチノールのように刺激性のあるものも含まれています。まずは手などの目立たない箇所でパッチテストを行ってから使いましょう。 その際、違和感や赤み、痛み、かゆみが出たら使用を中止してください。

②種類は大きく分けて5タイプ。肌状態に合わせて併用も◎

部分用、ふき取り、日中用、導入用、化粧水後の5タイプを肌の状態やタイミングで使い分けるのもアリ!

美容液は部分的に使用したり、スキンケアの最後に仕上げとして使用したり、洗顔後の肌に使ったりと使用するタイミングが種類によって異なります

  • 保湿美容液…化粧水のあとに使用することが多い
  • 導入美容液…洗顔のあと、化粧水の前に使用するブースタータイプ
  • ふき取り美容液…コットンに含ませ、古い角質や肌の汚れをふき取る
  • 部分用美容液…目元や気になる部分にピンポイントで使用する
  • 日中用美容液…外からの刺激や、紫外線から肌を守るUV機能がついたタイプ

商品によって推奨する使用方法が異なるので、必ず事前に使用方法をチェックしましょう。また複数の機能を併せ持つアイテムもあるため、時短でスキンケアを済ませたい時や、肌に時間をかけてスペシャルケアをしたい時など、目的に合わせて使い分けするのもおすすめです。

宇井 千穂監修者
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 院長
宇井 千穂

美容液は種類によって使用感が異なります。使い方を確認してから肌に塗り、違和感がある場合は使用を中止してください。もし、何らかの肌トラブルがあった場合は近くの皮膚科へ相談を。

③さらり?とろり?テクスチャーや使用感もチェック

使用感を左右する3つのポイント。1. テクスチャー 2. 香り 3. ボトルの形状。使用感が好みのものを選ぼう。

美容液といっても、商品によってテクスチャーはさまざま。種類によって使い心地も異なるため、自分が使いやすいテクスチャーのものを選ぶのがポイントです。

  • さらさらタイプ…水分が多く、さっぱりとした使い心地
  • とろみのあるタイプ…肌になじませやすくベタつきにくい
  • クリームタイプ…密着力に優れ、ピンポイントでつけやすい
  • ジェル(オールインワン)タイプ…軽いつけ心地で、時短ケアにも向いている
  • オイルタイプ…サラッと軽いテクスチャーで肌のうるおいと油分を整えてくれる
  • 泡タイプ…パチパチと炭酸泡が肌ではじける独特なテクスチャー

また、香りの有無や濃さも選ぶうえで大事なポイント。化粧品の香りに敏感になりやすい人は気をつけましょう。特に顔全体に美容液をつけると香りが強く感じる場合もあるので、気になる人は店頭のテスターや、口コミをチェックしてください。

美容液を使うタイミングは?より効果的に使うコツ

スキンケアはテクスチャーの軽いものからなじませるのが基本。化粧水 => 美容液 => 乳液 or 保湿液。ただし、導入美容液なら化粧水の前に使うなど、商品の特徴によって使うタイミングが変わるものも!

基本的に美容液は、化粧水のあとに使用するのがおすすめです。化粧水で肌がうるおった状態だと、美容液の成分が角質層に行き渡りやすくなります。フェイスパックを使用する場合は、パック後の肌に使ってうるおいをプラスしましょう。ただし商品によって使うタイミングが異なるので、使用方法は事前にチェックしておくことをおすすめします。

また複数の美容液を重ねづけする時は、軽くサラッとしたみずみずしいテクスチャーのものから肌になじませましょう。オイルや油分の多いものを先になじませてしまうと、美容液のうるおいが肌になじみにくくなります。美容液のあとは乳液やクリームで与えたうるおいが蒸発しないようにカバーしてくださいね。

宇井 千穂監修者
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 院長
宇井 千穂

さまざまな用途に合わせた美容液が出ているので、自分のライフスタイルを踏まえて使いやすいものを選んでください。 また、フェイスパックのなかには使用後に肌が乾燥しやすくなるものもあります。美容液などできちんと保湿をしてくださいね。

美容液に関するよくある疑問

美容液に関するよくある疑問点もチェックしておきましょう。

美容液はどのくらい使い続けるべき?目安期間は?

美容液はすぐに目に見える変化を感じられるアイテムとはいえません。肌のターンオーバーにかかる約28日間は、使い続けるのが理想です。ただし、ターンオーバーの周期は年齢や体調によって早まったり、遅くなったりします。さらに商品によっても推奨頻度や推奨期間は異なるので、肌の状態をチェックしながらじっくり使い続けるのがポイント。

しかし、使っている途中で肌に違和感があった場合は、すぐに使用をストップしましょう。無理に使い続けると、肌のかゆみや肌荒れの原因になる場合があります。

また、開封した美容液は早めに使い切るのもポイントです。開けてから長く放置していると、品質が劣化したり、成分が分離したりすることも。1シーズンを目安に買い替えるほか、温度による変化が少なく、直射日光が当たらない風通しの良い場所で保管しましょう。

複数の美容液を同時に使っても大丈夫?

スキンケアで複数の美容液を同時に使用する時は、2種類までにとどめておきましょう。あまり多くの商品を1度になじませると、肌に負担がかかる可能性があります。1回のスキンケアでは多くても2種類までにして、曜日や肌の状態に合わせて複数のタイプを使い分けるのがおすすめです。

また使用する時は2種類を混ぜ合わせるのではなく、1点ずつ肌になじませましょう。水分の多いサラッとしたテクスチャーのものを先につけてから、油分の多いコクのあるテクスチャーを重ねづけするのがおすすめです。ただし、商品によっては使用する順番が異なる場合もあるので、使用前に必ず推奨方法をチェックしてくださいね。

宇井 千穂監修者
やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院 院長
宇井 千穂

美容液は、商品ごとにさまざまな機能があります。本来の効果が発揮されるように、まずは1つずつの機能をきちんと確認しながら使ってくださいね。

化粧水・乳液・クリームにもこだわって!今人気の商品をランキングでチェック

より理想の美肌に近づきたい時には、美容液だけでなく、化粧水・乳液・クリームといったベーシックなスキンケアアイテムにもこだわってみましょう。以下の記事ではLIPSユーザーさんおすすめの人気商品をたっぷりと紹介しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

新作コスメカレンダー

本日発売の新作コスメをチェック! 人気ブランドのコスメ最新情報が丸わかりです♡

2024年02月27日(Tue)
LIPSに商品登録したい方はこちら

TrendTags
この記事で使われたタグ

無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、保存するには会員登録が必要です

※webで商品を保存するには会員登録が必要です

※webでバリエーションを保存するには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています