無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、クリップするには会員登録が必要です

※webで商品をクリップするには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています

エスティ ローダーのダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ (リキッドファンデーション)を使ったクチコミ by みの

ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ /エスティ ローダー/リキッドファンデーションを使ったクチコミ(1枚目)

とにかく素晴らしい 👏🏻 カバー力がよくて 夕方まで化粧崩れがしない! ホントにきれい 口コミで乾燥するって沢山あるけど 乾燥肌の私でもちゃんと保湿すれば 粉ふきもしないし、カサカサしませんでした 私のおすすめの使い方は ①洗顔 ②化粧水 ③乳液 ④ポールアンドジョー 下地 ⑤ファンデーション の順番です 。 ファンデーションは薄く伸ばしてから スポンジでポンポンしてください 密着度が高いらしく もう、すぐに、ポンポンしてください(笑) 色は店員さんに実際に肌につけてもらって 決めました 私は標準色だと暗かったので それより1つピンクっぽい ( ウォームバニラ 82)にしました プッシュする付属品は別売りで500円でした それを買わなくても蓋を開けて 指で入口を塞いで逆さまにして 少量つけて使うっていう方法もあります それでも全然大丈夫。 でも衛生面に気をつけてください ホントに肌って大切 人と話すときに自信に繋がるし 買って損はないと思う! 乾燥は、大丈夫です。 そのせいで諦めてほしくないなぁ、と思います ( ´﹀` ) ⚘ _ お久しぶりです。 明けましておめでとうこざいます 今年もよろしくお願い致します 🐣

クリップして保存0
みの

あなたにおすすめのクチコミ

𝒦𝒪𝒯𝒪アプリ
  • ダブルラスティング ファンデーション/エチュードハウス/リキッドファンデーションを使ったクチコミ(1枚目)
  • ダブルラスティング ファンデーション/エチュードハウス/リキッドファンデーションを使ったクチコミ(2枚目)
  • ダブルラスティング ファンデーション/エチュードハウス/リキッドファンデーションを使ったクチコミ(3枚目)

【透明感爆発すりガラス肌】 薄いヴェールの中に潤いを閉じ込めた すりガラス肌のプロセスです。 使用アイテム A.無印良品 ベースコントロールカラー ブルー B.PAUL&JOEモイスチュアライジング ファンデーションプライマーS 01 C.ETUDE HOUSE ダブルラスティング ファンデーション ライトバニラ D.クラブ すっぴんパウダー パステルローズ E.A’PIEU パステルブラッシャー PK07 ———————————————————————— 【透明感爆発すりガラス肌の作り方】 1.しっかりとスキンケアした後、ティッシュで 余分な油分をオフして、日焼け止めを全顔に 塗っておく。ムラができないように。 2.AとBを1:1〜1:2位の割合で混ぜ、全顔に広げ る。ある程度広げたら濡らしたスポンジで叩き 込むをパーツごとに繰り返し、最後全体を見て もう一度叩き込む。 3.Aのみを使って透明感を出したい場所、くすみ が気になるところにピンポイントに乗せて叩い 込んでいく。私は透明感を出したい目の下三 角、目頭、鼻筋、おでこ、あご、くすみが気に なる口周りに乗せます。鼻の下はヒゲっぽくな るので塗らないように! 4.CのファンデにA,Bをちょっとずつ混ぜてコン シーラーブラシで目の下、小鼻、口角、その他 気になる部分に乗せ、スポンジで叩き込む。コ ンシーラーの厚みが透明感を損なうのであえて カバー力を下げたファンデを使います。 5.Dをブラシにとり、ベタつきがなくなるまで全 顔にくるくると磨くように乗せていく。薄く磨 くようにがポイント!ツヤ肌好きの方は鼻周 り、目の下などのみに乗せてもOK。 6.Eを大きめのチークブラシにとり、5と同じよ うに磨くように頬に乗せていく。色味がほぼつ かないのでくるくるしても大丈夫!でこぼこが 埋まってつるんとなる。 ツヤ肌にしたい方はパス。 7.ハンドプレスで粉が浮かないように密着させ る。透明感のあるすりガラス肌を作るのに超重 要な工程!素肌っぽさがでます。 ———————————————————————— 私元からこの透明感ですけど、と 余裕で詐欺れるレヴェルで自然かつ 圧倒的な透明感を演出可能。 4枚目はパウダーの工程を省き、透明感ツヤ肌に仕上げた画像になります。 #ベースメイク #透明感

みのさんの人気クチコミ

クチコミをもっと見る

関連する記事

記事を見る

気になるコスメをキーワード検索!

新着記事

記事を見る