濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!のサムネイル

濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!

濃いシミや気になるそばかす、メイクでも消えない……と諦めていませんか?正しい選び方と塗り方を覚えた上で、優秀なコスメを使えば最大限カバーすることは可能です。この記事では、コンシーラーの塗り方や使い方をおさらいしつつ、おすすめアイテムを厳選してご紹介します!

ゆかり
ゆかり

目次

シミやそばかす、コンシーラーで隠せる?

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131134)

Photo by HAIR

コンシーラーでシミやそばかすを隠したつもりが、外出先などで鏡を見たときに「全然隠れていなかった……!」なんてことはありませんか?その場合、コンシーラーの選び方や使い方が間違っている可能性が大!

濃いめのシミやそばかすはメイクでは隠しきれないこともありますが、正しくコンシーラーを使うことで最大限カバーすることができます。正しいコンシーラーの使い方や選び方をご紹介するので、コンプレックス解消に役立ててくださいね♡

まずは、“大きい”シミやそばかすを隠すときと、“小さな”シミやそばかすを隠すとき、それぞれに適したメイク方法をご紹介します。

大きなシミ・そばかすをコンシーラーで隠す方法

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131138)

コンシーラーは、シミやそばかすなどの悩みによって塗り方を変えるのが正解!使う範囲が広くなる大きめのシミにはスティックコンシーラーを使うのがおすすめです。

大きめのシミをカバーするコンシーラーの塗り方は、こちら。

  1. ファンデの前か後に、コンシーラーを塗る(パウダーファンデの場合は、ファンデの前。リキッドファンデの場合は、ファンデの後)
  2. 大きいシミに直接、スティックコンシーラーをすべらせる
  3. シミの周りを指でトントン叩いて、色ムラをぼかしてなじませる

固形タイプコンシーラーは、リキッドタイプよりもカバー力が高いのが特徴。しかし、ヨレやすいため広範囲に塗るのには適していません。

大きなシミにスティックコンシーラーをすべらせたら、周りの肌と馴染むように、シミの周りをトントンとぼかしましょう。

ポイントは、シミの上をポンポンと叩かないこと。シミの上に乗せたコンシーラーが薄まってしまうので、必ずシミの周りを叩いて周りの肌と馴染ませるのがポイントです。

小さなシミ・そばかすをコンシーラーで隠す方法

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131141)

小さなシミやそばかすには、広範囲に使えるリキッドコンシーラーがおすすめ!頬全体のそばかすを一気に隠したいときは、リキッドタイプのコンシーラーをそばかすがある部分全体に塗ってもいいでしょう◎

小さなシミやそばかすをカバーするコンシーラーの塗り方は、こちら。

  1. ファンデの前か後に、コンシーラーを塗る(パウダーファンデの場合は、ファンデの前。リキッドファンデの場合は、ファンデの後)
  2. 数が多く頬全体をカバーしたいときは、頬全体にリキッドコンシーラーをのせ、指で優しくトントン叩いてぼかす
  3. よりカバー力をアップさせたいときは、えんぴつ型のコンシーラーなどでシミやそばかすを1つ1つ丁寧にカバーして、指で優しくぼかす

リキッドタイプは固形タイプのコンシーラーより透明感のある仕上がりになるのが特徴のため、カバー力があまり高くありません。できる限り完璧に隠したいときは、先端が細いペンシル型のコンシーラーで細かいシミやそばかすを1つ1つ狙ってカバーするのがおすすめです。

リキッドタイプの場合も固形タイプの場合も、必ずトントンと優しく叩くように塗るのがポイント。こするように塗ると、コンシーラーが薄くなるため注意しましょう。

シミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方は?

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131144)

コンシーラーは、色や形状もさまざま。色の特徴はブランドやメーカーによりさまざまですが、形状は大きく分けてリキッド(液状)タイプと固形タイプに分かれます。

よりコンシーラーの効果を発揮させるためには、色と形状を肌悩みや色に合わせて正しく選ぶことが重要。

ここからは、シミやそばかすを目立たなくさせる、コンシーラーの正しい選び方をご紹介します!

自分にあった色を正確に選ぶ

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131147)

Photo by HAIR

コンシーラーの色が合っていないと、部分的に塗った箇所に色ムラができてしまい違和感のある仕上がりに……。そのため「自分の肌色」や「ファンデの色」によく馴染む色のコンシーラーを選びましょう。

ファンデや肌色よりワントーン暗い色を選ぶとカバー力がアップしますが、色ムラになると目立って逆効果。完璧にカバーしたい日は、ワントーン暗い色のコンシーラーの上からパウダーファンデを重ねてコンシーラーを隠すメイクがおすすめです。

隠したい箇所によって選ぶ

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131179)

大きなシミを隠すときは固形のスティックタイプのコンシーラーが、小さなシミやそばかすを隠すときはリキッドタイプか、先端が細いペンシルタイプのコンシーラーがおすすめです。

これは、固形タイプはカバー力に優れ、リキッドタイプは広範囲をカバーするのに向いているから。

ただし、リキッドタイプではカバー力が物足りない場合は、先端が細いペンシルタイプのコンシーラーで細かくカバーするのがおすすめ。数が多いと細かい作業になりますが、色が正しく選べていれば自然でアラのない肌を作ることができます。

保湿成分配合タイプがおすすめ

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131182)

大きめのシミや細かいそばかすを隠すのにぴったりのペンシルタイプコンシーラーは、固形のため乾燥しやすく、メイクがヨレやすいのがデメリットです。

そのため、乾燥によるメイクヨレを防ぐために、保湿成分が配合されているものを選ぶのがおすすめ。

パッケージを見たり、コスメカウンターの方に聞いたりして、保湿成分が配合されているかチェックしてみて!

おすすめコンシーラー【プチプラ編】

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131185)

ここからは、プチプラのおすすめコンシーラーをご紹介します。

大きなシミやそばかすには「ステックタイプのコンシーラー」、小さなシミやそばかすには「リキッドか細めのペンシル型コンシーラー」がおすすめ!ということを頭の片隅に置いてチェックしてみてくださいね!

キャンメイク『カラースティック モイストラスティングカバー』¥580

プチプラのコスメブランドといえばキャンメイク!ステック型のコンシーラーなので、大きめのシミやそばかすを隠したい時に特におすすめの一品です。

紫外線には気をつけたいシミやそばかすに嬉しい「SPF50+/PA++++」の日焼け止め機能付き。美容成分は「ヒアルロン酸Na」「ハマメリス葉エキス」などが配合されています。

肌の色にもよりますが、小さめのシミ、そばかすには02番の『ナチュラルベージュ』が、濃く大きめのシミには03番の『ベージュオークル』がぴったり!

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131192)

ミツヨシ『ビューティー カバーペンシル スリム-1』¥880

えんぴつ型の、さらっとした使用感が特徴のコンシーラー。小さなそばかすやシミはもちろん、眉やリップの輪郭どりなど、細かく肌のアラをカバーできるのが魅力です。

油分少なめの使用感なので、時間が経っても落ちにくいのが嬉しいポイント。リキッドだとヨレてしまう脂性肌さんにもおすすめ。ペン型なので、持ち運びやすく外出先でのお直し用としてもおすすめです◎

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131198)

セザンヌ『コンシーラークレヨンUV』¥580

濃いシミやほくろ、ニキビ跡用のスティックコンシーラーです。クレヨンタイプだけどオイル系の保湿成分「スクワラン」や「マカデミアナッツ油」を配合しているため、スルスル伸びる優しい使用感が特徴。乾燥肌の方にもおすすめです。

日焼け止め機能は「SPF31/PA++」で、日常使いにぴったり。水や皮脂に強いウォータープルーフタイプです。肌にぴたっと密着し、濃いめのシミ、そばかすをしっかりカバーしてくれます。

「明るいベージュ系」「ベージュ系」「オークル系」の3色から、自分の肌やファンデに近い色を選ぶことが可能です。

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131202)

ザセム『カバーパーフェクション アイディールコンシーラー デュオ』¥820

人気のリキッドコンシーラーと固形コンシーラーが1つになった、1品2役のコンシーラーです。濃いシミを隠したいときはステックタイプを、そばかすやシミを広範囲にカバーするときはリキッドタイプを使うというように、用途によって使い分けることが可能です。

カラーは、ベージュ系の3色展開。ツヤ重視の日はリキッドを、カバー重視の日はスティックを、と使い分けるのもおすすめ。

ステックタイプのコンシーラーは、リップコンシーラーとして使うこともできます。

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131206)

おすすめコンシーラー【デパコス編】

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131210)

ここからは、デパコス派のあなたのために、シミやそばかすを隠すのにぴったりの「デパコスコンシーラー」を厳選してご紹介します!

ボビイ ブラウン『リタッチング フェイス ペンシル』¥4,400

「カバー力が優秀」と評判のえんぴつ型コンシーラーです。えんぴつ型なので、小さなシミや細かいそばかすをカバーするのにおすすめ!

マットな質感で“ぴたっ”と肌に密着してくれるので、カバー力と落ちにくさが◎

ハイライターとしての機能もあり、特に涙袋やまぶたに細かく入れたいときに使いやすいアイテムです。

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131216)

ローラ メルシエ『フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー』¥3,500

ベースメイクは“ツヤ感”や“透明感”重視!という方が、頬全体のシミやそばかすを隠したいときにおすすめのアイテム。コンシーラーにありがちな“塗ってる感”のない、素肌感のある仕上がりになります。

美容成分配合で保湿力があるのに、素肌感があるからムラになりにくいのも特徴。乾燥肌さんにもおすすめです。

全8色の豊富なカラーバリエーションも嬉しい!ガッツリカバーせず、ナチュラルな仕上がりを求めている方にぴったり。

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131222)

ベアミネラル『 ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー』¥3,600

大きめのシミやそばかすを隠したい方におすすめの、スティックコンシーラーです。オイル系保湿成分「スクワラン」配合で、保湿力はありつつもぴたっと肌に密着。肌の状態にもよりますが、綺麗な仕上がりを長時間キープしてくれます。

多くの日本人に合うオークル系5色のカラー展開です。暗めのカラー中心なので、肌の色が暗めな方に特におすすめ。

厚塗り感のない仕上がりなので、口周りや目元のくすみカバーとしても優秀です◎

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131227)

効果半減!コンシーラーのNG使用法

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131230)

コンシーラーは、正しく使ってこそ効果が出るもの。シミやそばかすの特徴に合わせて使うだけでなく、正しい方法でメイクを行いましょう。

NG使用法①塗る順番を間違える

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131234)

重要なのは、コンシーラーを使用する順番です。コンシーラーは、リキッドファンデを使用するときはファンデの後に、パウダーファンデの場合はファンデの前に使います。

リキッドファンデの前にコンシーラーを使うと、コンシーラーが取れやすくなってしまいます。また、パウダーファンデの後にコンシーラーを使うとヨレやすくなってしまうためNG!順番に気をつけて使ってくださいね。

塗った後、こすったり叩きすぎる

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131237)

コンシーラーを塗ったあと、塗った部分をこすったり叩きすぎるのはNG!コンシーラーが取れてしまい、カバー力が落ちてしまいます。

リキッドタイプも固形タイプも、気になる部分に塗ったあと、肌の色に馴染ませるイメージでシミやそばかすの周りをトントンと馴染ませるのがポイントです。

リキッドの場合は、液体が乾くまで待ってから周りを指でぼかすと、カバー力がアップしますよ!

コンプレックスを隠してポジティブに♡

「濃いシミ・そばかすをカバーするコンシーラーの選び方&使い方は?厳選アイテム7選もご紹介!」の画像(#131243)

メイクは、アイテムの優秀さはもちろん、どうやって使うかで仕上がりが大きく変わります。

しっかりアイテムの良さを生かしてそばかすやシミを隠すためには、正しい方法でコンシーラーを使うことがとっても重要!

順番や塗り方に注意しながら、今回ご紹介した方法でシミやそばかすをカバーしてあげてくださいね♡

この記事で紹介した商品

商品画像ブランド商品名特徴カテゴリー評価参考価格商品リンク
カラースティック モイストラスティングカバー / CANMAKE

CANMAKE

カラースティック モイストラスティングカバー

”スティック型のコンシーラー!カラー展開豊富、コンパクトで持ち運び◎”

コンシーラー

  • 評価 : Soso2.7
  • クチコミ数:286件
  • クリップ数:2401件
580円(税抜)
詳細を見る
ビューティー カバーペンシル スリム-1 / 三善

三善

ビューティー カバーペンシル スリム-1

コンシーラー

  • 評価 : VeryGood4.5
  • クチコミ数:4件
  • クリップ数:1940件
詳細を見る
コンシーラークレヨンUV / CEZANNE

CEZANNE

コンシーラークレヨンUV

”便利な繰り出しタイプ。クレヨンタイプだけど、とっても柔らかくてスルスル塗れちゃう♡”

コンシーラー

  • 評価 : Soso2.8
  • クチコミ数:116件
  • クリップ数:6088件
580円(税抜)
詳細を見る
カバーパーフェクション アイディールコンシーラー デュオ / the SAEM

the SAEM

カバーパーフェクション アイディールコンシーラー デュオ

”チップとスティックの2wayタイプ。発色が良くてしっかり密着してくれるのでヨレない!”

コンシーラー

  • 評価 : VeryGood4.4
  • クチコミ数:401件
  • クリップ数:7727件
820円(税込)
詳細を見る
リタッチング フェイス ペンシル / BOBBI BROWN

BOBBI BROWN

リタッチング フェイス ペンシル

コンシーラー

  • 評価 : Good3.6
  • クチコミ数:5件
  • クリップ数:26件
4,400円(税抜)
詳細を見る
フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー / laura mercier

laura mercier

フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー

”しっかりカバーなのに、美容成分配合で厚ぼったくならず、まるで素肌感♡”

コンシーラー

  • 評価 : VeryGood4.6
  • クチコミ数:132件
  • クリップ数:2434件
3,500円(税抜)
詳細を見る
ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー / bareMinerals

bareMinerals

ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー

コンシーラー

  • 評価 : VeryGood4.0
  • クチコミ数:24件
  • クリップ数:459件
3,600円(税抜)
詳細を見る

記事をシェアして友達に教えてみよう!

ピックアップ記事

新作コスメカレンダー

本日発売の新作コスメをチェック! 人気ブランドのコスメ最新情報が丸わかりです♡

2020年08月13日(Thu)

関連する記事

この記事で使われたタグ

無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、クリップするには会員登録が必要です

※webで商品をクリップするには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています