メイク崩れを防ぐだけじゃない!フェイスパウダーを使うメリット

フェイスパウダーはベースメイクを保つためのマストアイテム!テカリを抑えてさらっとした肌に。その他にも、毛穴やくすみなどのお悩みをカバー、血色感を出して肌をきれいに見せる、ツヤ肌からマット肌まで好みの肌をつくれる。

フェイスパウダーは皮脂によるメイク崩れや、肌のテカリを目立ちにくくするアイテム。ベースメイクの仕上げにつけることで、キメの整った美しい肌を演出できます。フェイスパウダーにはさまざまな種類があり、商品によってパウダーの特徴や、仕上がりが異なります。

  • クリアタイプ…乳白色で肌になじませても色がほとんどつかない
  • 色つきタイプ…自然な血色感を与えたり、肌の色ムラを整えたりする*
  • ツヤタイプ…微細なパールやラメが配合されていて、肌にツヤ感を出す
  • マットタイプ…サラッとしたつけ心地で、陶器のようななめらかなマット肌に仕上げる

さらに、“皮脂吸収パウダー”や、保湿成分・肌悩みに有効な成分が配合されているものもあるので、季節や肌質、お悩みに合わせて選ぶことが可能です。自分に合った商品の選び方は以下を参考にしてください♪

*メーキャップ効果によるもの

簡単に美肌が作れる!自分に合ったフェイスパウダーの選び方

フェイスパウダーといっても、数あるなかから自分に合うものを見つけるのは大変です。自分が使いやすいものをセレクトするためにも、まずは選び方を押さえておきましょう。

①プレストタイプ?ルースタイプ?パウダーの種類で選ぶ

プレストタイプは、粉漏れの心配がなく持ち運びしやすい。パフでのせるとムラになることも。ルースタイプは、粉質がやわらかく量を調整しやすいが、粉が飛びやすく持ち運びにくい。

フェイスパウダーは、プレストタイプ・ルースタイプの2種類があります。それぞれ質感や適した使い方が異なるので、特徴をチェックしておきましょう。

プレストタイプ
  • 保湿成分を加えたパウダーを圧縮して固めたもの
  • 粉が舞いにくく、持ち運びしやすい
  • つける量を調節しやすいので、メイク初心者さんも使いやすい
  • 密着力に優れていて、色ムラなどのカバー力が高い
  • パフでつけるとムラになりやすいため、ブラシでつけるのがおすすめ

プレストタイプはミラーつきのものや、コンパクトなサイズのものが多いため、外出先でのメイク直しにも向いています。パフでつけると厚塗り感が出やすいので、ブラシでつけたほうがムラになりにくく、キレイな仕上がりになりますよ。

ルースタイプ
  • さらさらとしたキメ細かい粉状
  • ふんわりとつけやすいので、自然な印象の肌に仕上がる
  • 粉が舞いやすく、ケースが大きいものや内容量が多いものが多い
  • やわらかい粉状なので、パフでもブラシでもなじませやすい
  • パフやブラシに粉がつきやすいので、余分な粉を軽く落としてからつける

ルースタイプはやわらかい粉状のパウダーで肌にふんわりのせやすく、透け感のある自然な仕上がりに♡パフでもブラシでも肌にのせやすいですが、余分な粉を軽く落としたり、パフは肌につける面をよくもみこんだりする必要があります。

②ツヤ肌?マット肌?好みの仕上がりで選ぶ

フェイスパウダーは、パールやラメが配合されているツヤタイプと、サラッとなめらかな質感に見せてくれるマットタイプがあります。メイクの雰囲気や、好みの仕上がりに合わせて選んでみましょう。

ほどよいツヤ肌に仕上げたいなら、繊細なパールが入ったものを

繊細なパールタイプなら、べたつきを抑えつつ自然なツヤ肌に!ツヤ肌に仕上げたい人やくすみをカバーしたい人におすすめ。

イキイキとした印象のメイクにしたいときは、ナチュラルなツヤ感を演出してくれるツヤタイプを選んでみましょう。肌のくすみや毛穴が目立ちにくく、なめらかな美肌に。ただ、ツヤタイプのフェイスパウダーといっても、種類によってツヤ感の濃さや質感が違います。

キレイなベースメイクを長持ちさせながら、肌にほどよいツヤ感も残したいときは、繊細なパールの入ったパウダーがおすすめ!キラキラとした繊細なやわらかい輝きで、ベタつきにくく、品のあるツヤ肌メイクに仕上がります。

同じツヤタイプでも、大粒のラメが入ったものは、肌がテカっているように見えてしまうことも。ツヤ感は商品によって異なるので、店頭のテスターや口コミをチェックしてみましょう。

さらさらマット肌ならラメ・パールのないタイプをチョイス

パール・ラメなしタイプは、さらさらなマット肌をつくりたいときに!上品な印象の肌にしたい人、皮脂やテカリをしっかり抑えたい人におすすめ。

ふんわりとしたマット肌メイクを楽しみたいときは、ラメやパールが入っていないものがおすすめです。マットタイプはツヤタイプと比べると、サラッとした質感で肌になじみやすく崩れにくいので、肌のベタつきが気になるときにもぴったり。

特に皮脂分泌が気になるときや、メイク直しが長時間できないときは、“皮脂吸着パウダー”が配合されているとサラすべの肌を長くキープできますよ。おでこのテカリや、鼻まわり・フェイスラインのベタつきが気になるときは、ポイントで使うのがおすすめです。

③カラーはつくりたい肌の印象で決めよう

つくりたい肌の印象によってカラーを使い分けて。ピンク系は自然な血色感をプラスし、ワントーン明るい肌に。ブルー・パープル系は涼しげで透明感のある肌、くすみや赤みを抑えたい人に。ベージュ系は肌色を補正。繊細なパール入りなら自然にトーンアップ。クリア・透明タイプは、ファンデの質感をそのまま活かせる。肌表面のべたつきだけをオフしメイクをキープ。

フェイスパウダーは色が目立たないクリアタイプもあれば、色つきで肌悩みを自然にカバーしてくれるタイプもあります。

  • クリア系:ファンデーションの色をいかしやすく、サラッとした自然な肌に
  • ピンク系:ナチュラルな血色感を演出する
  • ブルー・パープル系:透け感のあるクリアな肌に仕上がりやすい
  • パール&ベージュ系:色ムラを自然にカバーし、キメ細かなツヤ肌に
  • グリーン系:肌の赤みを目立ちにくくし、色ムラを整える

クリア系のパウダーのなかには、保湿成分が配合されていて、スキンケア後のベタつきを抑える“ナイトパウダー”として使えるアイテムも。必ずUVカット機能がないものを選んでくださいね。

④配合されている成分もチェック!保湿成分やUVカット機能があると◎

乾燥が気になる人は、保湿成分をチェック。皮脂が出やすい人は、皮脂吸着パウダー入りがおすすめ。紫外線ダメージを防ぎたい人は、UVカット効果のあるものを。

「パウダーをのせると肌が粉っぽくならないか心配」という人もいるのでは。時間が経つとメイクが粉っぽくなりやすい乾燥肌さんの場合は、保湿成分が配合されているものがおすすめです。また、しっかりとパウダーをつけると、乾燥によるメイク崩れが目立ちやすいので、ブラシでふんわりと肌にのせるのがポイント。

顔のテカリが目立ちやすい人は、“皮脂吸収パウダー”が配合されているものや、サラッとしたつけ心地のマットタイプを選んでみましょう。また汗をかきやすく、皮脂分泌が活発になりやすい夏場は、皮脂ケアに優れたタイプを選ぶとメイク崩れしにくいでしょう。

紫外線が気になるときは、UVカット指数のあるものを選ぶのがおすすめ。肌悩みを自然にカバーしながら、UVケアも叶えてくれるので、メイク直し時や持ち運びコスメとしてもぴったりですよ。

フェイスパウダーをのせるときのポイントは?

ブラシの場合は、毛全体に粉を含ませて、毛全体を使ってやさしくふんわりのせる。パフの場合は、パフを揉みこんでパウダーを含ませて、やさしく押さえるようにのせる。皮脂崩れが気になる人はテカりやすい部分からのせるとよい。

左:@ooxxamiiixxoo/右:@chiharunnnn

フェイスパウダーをお肌にのせるときは、使うアイテムによってつけ方が異なります。ブラシ・パフ別のポイントを押さえておくと、ムラになりにくくキレイな仕上がりになりますよ。

ブラシでフェイスパウダーをのせるポイント
  • 毛先を左右に動かして毛全体にパウダーをよく含ませる
  • 肌につける前に余分な粉を軽く払い、毛全体になじませる
  • おでこ・フェイスライン・肌のテカリが目立ちやすい部分からのせる
  • 面積の広いおでこや、頬はクルクルとブラシを動かす

ブラシを動かしてたっぷりと粉を含ませたら、容器のフタや手の甲で余分な粉を軽く落とし、毛全体にパウダーをよくなじませるのがポイントです。

パフでフェイスパウダーをのせるポイント
  • 肌にパウダーをつけるパフと、もう1つパフを用意する
  • パウダーをとったら、別のパフにつけて余分な粉を軽く落とす
  • パウダーをつけた側を内側に折り、パフをもみこむ
  • 肌を軽くパフで押さえるようにして、パウダーをのせる

パフで肌を軽く押さえるようにすると粉っぽくならず、透け感のあるナチュラルな印象に仕上がりますよ♡

フェイスパウダーに関するよくある疑問もチェック

フェイスパウダーに関するよくある疑問点もチェックしておきましょう。

フェイスパウダーの使用期限は?

化粧品の使用期限は未開封のものであれば約3年、開封後は1年以内に使い切るのがポイントです。フェイスパウダーは水分や、油分があまり含まれていないため、化粧下地やリキッドファンデーションといった液状の化粧品よりも劣化しにくいですが、開封した後に長期間使用するのは避けましょう。

また衛生的に期間内で使い切るためにも、風通しが良く直射日光が当たりにくい、適した環境で保管することが大切です。上記で紹介した期間内であっても、パウダーの色が変わっていたり、臭いがしたりと違和感がある場合は使用をやめましょう

ブラシやパフのお手入れ方法は?

フェイスパウダーをつけるときにブラシやパフを使ったら、その都度洗って清潔に保つのがポイントです。ブラシやパフにメイク汚れや皮脂などが残っていると、雑菌が繁殖しやすくなり、肌荒れの原因になる場合も。さらにメイクのノリも悪くなりやすいので要注意です。

毎回洗うのが難しい場合は、2~3日に1回、もしくは最低でも週に1回は洗うようにしましょう。洗うときは専用クリーナーや中性洗剤を使うのがおすすめ。すぐに洗えないときは、使ったあとにパフの表面やブラシの毛先を軽くティッシュで拭きましょう。洗い方の詳細は、以下を参考にしてください。

<ブラシの洗い方>

専用クリーナーでブラシを洗うときは、商品の推奨方法をチェックしながら使い方に沿って洗うのがポイント。中性洗剤で洗うときには、以下の方法で洗うとさっぱりとキレイに汚れを落とせますよ。

  1. ぬるま湯200mLに対して、中性洗剤1mLの割合で入れて混ぜ合わせる
  2. ブラシを手に持ち、根元まで①に浸けて軽く動かす
  3. 洗剤の入っていないぬるま湯にブラシを浸して、よくすすぐ
  4. すすぎ終わったら、軽くブラシの先を指先で絞り水気をとる
  5. 乾いたタオルでブラシを挟んで、残った水分を吸いとる
  6. 指でブラシの流れをまっすぐに整える
  7. 風通しの良い場所でブラシを横にして乾燥させる

<パフの洗い方>

パフはブラシと違い、丸洗いできるものがほとんどです。専用クリーナーでパフを洗うときは、メーカーが推奨している洗い方をチェックしましょう。中性洗剤でパフを洗うときは、以下の方法を参考にしてみてくださいね。

  1. ぬるま湯を洗面器に溜めて、中性洗剤を混ぜ合わせる
  2. ①にパフを浸けて軽くもみ洗いをする
  3. ぬるめの流水でパフの汚れや、洗剤をよく洗い流す
  4. パフから泡が出なくなったら、すすぎを終える
  5. キッチンペーパーでパフを挟み、軽く押さえて水分を自然に吸わせる
  6. パフを風通しの良い場所でよく乾燥させる

プチプラとデパコスどっちがいいの?

プチプラとデパコスはそれぞれ特徴や、メリット・デメリットが違うので、どちらが良いとははっきりといえません。

プチプラの場合は2,000円以下で購入可能なアイテムが多く、ドラッグストアなどで手軽に手に入りやすいというメリットがあります。コンパクトなサイズ感の商品も多いため、持ち歩きコスメとしてもぴったり!「皮脂によるメイク崩れをなんとかしたい」など、使用目的がはっきりとしている人にも向いています。

一方デパコスは、複数の保湿成分や独自にブレンドした成分の配合、パッケージのデザインまで、こだわっているものが多いのが特徴。ベースメイクの仕上がりや、保湿力にこだわりたい人におすすめです。5,000円以上の価格のものも少なくありませんが、高級感のある華やかなパッケージのものはプレゼントにも◎。

普段のメイクがワンランクアップした仕上がりに!チーク・ハイライト・シェーディングにもこだわろう

普段のメイクの仕上がりを、もっとクオリティの高いものに近づけたいときは、チークやハイライト、シェーディングにもこだわって、ベースメイクに立体感をプラスしてみて♡

以下の記事では、LIPSユーザーおすすめの人気アイテムをご紹介しているので、あわせてチェックしてくださいね。

ピックアップ記事

新作コスメカレンダー

本日発売の新作コスメをチェック! 人気ブランドのコスメ最新情報が丸わかりです♡

2024年03月04日(Mon)
LIPSに商品登録したい方はこちら

TrendTags
この記事で使われたタグ

無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、保存するには会員登録が必要です

※webで商品を保存するには会員登録が必要です

※webでバリエーションを保存するには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています