【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡のサムネイル

【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡

メイクブラシは人工毛か天然毛かによって、洗い方や使うアイテムが異なります。この記事ではメイクブラシの洗い方について徹底的に解説!「台所の洗剤は使って良いの?」など、あなたの疑問をズバッと解決しちゃいます♡

chiharu
chiharu

目次

メイクブラシは毎日洗う?お手入れする頻度やタイミング

メイクブラシセット/Anjou/メイクブラシ by まち
  • photo by まち
  • このクチコミをみる

メイクブラシ は洗いすぎてもブラシの毛が傷んでしまうので、1カ月に1度くらいの頻度で洗うのをおすすめします◎

一見汚れていないように見えるメイクブラシですが、実はファンデーションの残りカス・色素・皮脂などの汚れが付着し、とても雑菌が繁殖しやすい状態になっているからです。

メイクブラシは直接肌に触れるものなので、汚れているとニキビやかぶれ、シミ、くすみなど様々な肌トラブルの原因にもなります。

洗い方が分からない、洗うのが面倒……と汚れたままのブラシを使わずに、きちんとお手入れして使いましょう!

目安としてはブラシの毛が膨らんだり、ファンデーションやアイシャドウのノリが悪くなってきた時が洗い時です。

【洗う前に必読】ブラシのタイプによって洗い方が違う

メイクブラシを洗う際、毛質によって洗剤や石鹸など使用できるものとできないものがあります。正しい使い方をしないとブラシを傷つけてすぐ使えなくなってしまうので、気を付けましょう!

サラサラの人工毛(ナイロンなどの化学繊維)の場合

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164133)

ナイロンやポリエステルなどの「化学繊維」。コシが強く、多少強めに洗ったりすることができるので洗いやすいのが人工毛のメイクブラシです。

このタイプは比較的安価なので買い換えやすいので、中性洗剤やエタノールなど強めの洗浄力のものでも洗うことができます

ふわふわの動物毛(天然毛)の場合

【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡の画像

リスや馬やイタチなどの「動物の毛」で出来ているメイクブラシは、書道の筆にも使われているくらいなめらかでふわふわな肌触り。

しかし動物の毛はとてもデリケートで、洗浄力の強い洗剤や石鹸などが合わない場合もあるので、天然の原料の優しいアイテムを使うのがおすすめ。高級な筆の場合は、メーカーが専用で出しているクリーナーを使用するのが安心です。

歯ブラシ型のファンデーションブラシの場合

ラージサイズ/エアリーブラシ/メイクブラシ by あみれ
  • photo by あみれ
  • このクチコミをみる

歯ブラシタイプのブラシであっても、基本的には普通のブラシと同じように洗って大丈夫です。毛の素材が人工なのか動物なのかはしっかり見極めたい所ですね!洗った後にタオルで水分をとることや、毛先を整えることもとても大切です。

メイクブラシの洗い方!家にあるものでも簡単にできる♡

ここからはメイクブラシの洗い方について、石鹸や中性洗剤など種類別にご紹介します!先ほどご紹介したメイクブラシの毛質に合わせた洗い方をするようにしましょう。

〈洗い方①〉食器用の中性洗剤を使って洗う方法

ヤシノミ洗剤/ヤシノミ洗剤/その他 by はるキャベツ
  • photo by はるキャベツ
  • このクチコミをみる

一番オーソドックスな台所用中性洗剤は、主に人工毛のメイクブラシを洗う時におすすめのアイテムです。

  1. コップにぬるま湯と中性洗剤を200:1の割合で入れる
  2. メイクブラシを振り洗い
  3. 洗浄液の色が濁らなくなるまで何度か液を取り替える
  4. 筆先を手で軽く絞って水気を切る
  5. 乾いたタオルで優しく水分をふき取る
  6. ブラシの形状を整える

この時ブラシの毛を束ねている金属部分が浸らないように、できるだけブラシの根元から筆先の部分を液につけるようにしましょう。中性洗剤の場合、毛を傷めてしまって洗った後ごわごわになる可能性があるので洗いすぎには気を付けましょう!

〈洗い方②〉石鹸を使って洗う方法

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164182)

肌に優しい石鹸は、天然毛のブラシを優しく洗うのにも便利なアイテムです。

  1. ぬるま湯を毛の根元まで濡らす
  2. 石鹸を軽くつけてやさしく揉みこむ
  3. きれいなぬるま湯で洗い流していく
  4. 濁りがなくなるまで洗い流す。
  5. 筆先を手で軽く絞って水気を切る
  6. 乾いたタオルで優しく水分をふき取る
  7. ブラシの形状を整える

添加物の少ない洗顔石鹸など、油分を取らずに汚れだけ取るタイプのものがおすすめです。

〈洗い方③〉洗顔料(洗顔フォーム)を使って洗う方法

どろ豆乳石鹸 どろあわわ/健康コーポレーション/洗顔フォーム by むー916
  • photo by むー916
  • このクチコミをみる

いつもの洗顔フォームで洗うことも出来ます!人工毛であればそんなに配慮は必要無いのですが、洗い上がりがさっぱりするような洗浄力の強いものは天然毛には合わないので注意が必要。

  1. ブラシを水で濡らす
  2. 洗顔フォームを泡立てる
  3. 泡で根元から先端に向かって揉み洗い
  4. 濁りがなくなるまで洗い流す。
  5. 筆先を手で軽く絞って水気を切る
  6. 乾いたタオルで優しく水分をふき取る
  7. ブラシの形状を整える

大切なのは肌に優しいタイプの洗顔フォームを使うことです。

〈おすすめできない!〉無水エタノールで洗う方法

【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡の画像

結論からお話すると無水エタノールで洗うのはあまりおすすめできません。無水エタノールはアルコール濃度が非常に濃いエタノールなので揮発しやすく、引火する懸念があることや、洗うときに皮膚へ付着すると刺激が非常に強いために扱いが難しいアイテムなのです。

それでも油分の多い汚れを落とすことはできます。

  1. 無水エタノールを小さな陶器の深皿に入れる
  2. 乾いたままのブラシを入れる
  3. ブラシをふり洗いする
  4. 汚れた液を捨てて取り替える
  5. 1〜4の手順を繰り替えす
  6. 水気を絞って筆先を立てて乾かす

水分が揮発しやすいので簡単だという一面もありますが、特に天然毛の場合は痛みやすいのでおすすめは出来ません。人工毛の場合はあまり痛まないとしても、肌への悪影響が心配でメリットが少ないです。どうしても代用しなければならない場合にのみ使いましょう。

〈念入りに洗う場合のみ〉メイク落とし(クレンジングオイル)を併用する

薬用ディープクレンジングオイル/DHC/オイルクレンジング by あまおう
  • photo by あまおう
  • このクチコミをみる

メイクの汚れを落とすならクレンジングオイルと思いがちですが、クレンジングオイルの洗浄力は非常に強いので、ブラシ部分の汚れがなかなか落ちない場合に、前述の石鹸や洗剤などと併用する形で使用するのが良いでしょう。

特に動物性のブラシは表面の油分が落ち、非常に痛みやすくなりますので、クレンジングオイルでの洗浄はあまり向かないでしょう。

〈NG①〉水のみで洗うのは避けて!✖︎✖︎✖︎

【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡の画像

NG例①は水のみで洗うこと。メイク用品のファンデーションやチークには、油性の成分が配合されているので、水だけでは落ちません。それどころか、水のみで洗うと汚れが残っているのに湿気がある状態に!

これでは大事なブラシが雑菌の温床になり逆効果です✖︎!衛生的に保つには、前述したように洗剤や石鹸を上手に使いましょう♡

〈NG②〉重曹でメイク用品の汚れは落ちない✖︎✖︎✖︎

【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡の画像

NG例の②は重曹で洗うこと。お掃除に大活躍する重曹ですが、メイクの汚れを落とすには洗浄力が不十分。メイクブラシを洗うのにはあまり向かないでしょう。

メイクブラシの乾かし方(上手な干し方)

貴族のゴールドメイクブラシ/SIXPLUS/メイクブラシ by 🥑森のバター🥑
  • photo by 🥑森のバター🥑
  • このクチコミをみる

タオルで十分に拭き取ったら、毛先を下にして洗濯バサミや専用の台を使って干します。乾かす際に注意してほしいのが、毛先を下にすることです。

メイクブラシの毛の部分は、金属部分と毛の部分を接着剤でつけて作られており、この接着剤は水に弱くて溶けやすいものを使用しているので、長時間水に触れるようになるとメイクブラシが痛む原因になります。必ず毛先を下にして乾かすようにしましょう◎

長期で使うなら断然専用クリーナーがおすすめ♡

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164139)

「石鹸や中性洗剤で落とせるなら、わざわざお金をかけて専用クリーナーを買う必要ってあるの?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。石鹸や中性洗剤で落とすことは可能ですが、どうしても毛を傷めてごわごわしてしまうんです。

専用クリーナーを使えば、傷めることなくかつ綺麗に落とせて、長持ちさせることが出来るので、長く使いたい方には専用クリーナーを使用することをおすすめです!

〈人工毛ブラシ〉100均の専用クリーナーを使った洗い方

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164142)

専用クリーナーを中に注ぎ、底の凹凸に優しく擦るように洗いましょう。化粧品の色が出なくなるまで何度も繰り替えしてください。その後は軽く水洗いし、スタンドに立てて乾かせば完成です。

〈人工毛におすすめ〉DAISO メイクブラシ専用クリーナー&メイクブラシクリーナー

DAISOの〈メイクブラシ専用クリーナー〉と〈メイクブラシクリーナー〉はなんと100円!甘いりんごのような臭いがするので、ツンとしたきつい臭いが苦手な方にはとてもおすすめです!

バケツタイプのクリーナーは底の凹凸がブラシをしっかりと洗ってくれます♪最後には立てて乾燥できるので、これだけあれば人工毛メイクブラシのお手入れはバッチリです♡

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164128)

〈天然毛ブラシ〉専用のクリーナーを使った洗い方

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164222)

天然毛の場合は、メーカーが専用クリーナーを出している場合があります。その手順に従うのが理想です。液に浸して振り洗いするのがオーソドックスですね。その後軽く水洗いし、タオルで水気を取ったら立てて乾かしましょう。

〈天然毛におすすめ〉博雲堂 熊野筆リセッター

天然毛におすすめなのがこちら、〈博雲堂 熊野筆リセッター〉。熊野筆専用のクリーナーですが、他のメーカーのメイクブラシにも使えます!毛の質がふわふわになると言うことで、LIPS内でも評価の高いアイテムです。

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164215)

メイクブラシを衛生的に保つ♡普段のお手入れ方法について

洗ったことによって清潔に戻ったメイクブラシ。どうせなら次洗う時までなるべく綺麗な状態を保ったままでいたくありませんか?ここでは普段からできるメイクブラシのお手入れ方法をご紹介します!

〈方法①〉使った後はティッシュでオフ

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164167)

メイクブラシを使った後は、ブラシをティッシュペーパーなどで優しくふき取ります。この作業をメイクブラシを使った後に必ず行うことによって、雑菌が繁殖して不衛生なブラシとなるのを防ぐことができます。

〈普段のお手入れにおすすめ〉PLAYLIST クイックブラシクリーナー

普段のメイク後に軽くお手入れすることのできる〈PLAYLIST クイックブラシクリーナー〉。ブラシにこの商品を何滴かプッシュして軽く拭くだけで汚れが取れるので、時短になり簡単にお手入れが出来ちゃいます!

クイックブラシクリーナー/PLAYLIST/その他化粧小物 by りお
  • photo by りお
  • このクチコミをみる

〈方法②〉たまにクシを通す

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164171)

フェイスパウダーやチーク用のボリュームのあるブラシは、たまにクシを通すことで長持ちさせることが出来ます。根元から通すと毛が切れてしまうことがあるので、徐々にほぐすようにしましょう。こうすることで内部に付着したコスメや汚れがかき出せてメイクブラシの綺麗に保つことができます。

〈方法③〉スタンドやホルダーに立てて保管

MSQ メイクブラシ/MSQ/メイクブラシ by ももてん。
  • photo by ももてん。
  • このクチコミをみる

湿度が高くなく、直射日光の当たらない場所に毛先を上にしてスタンドやホルダーに立てて置くようにしましょう。メイクブラシの毛は、直射日光などの刺激にとても弱く、傷みやすくなっています。また、立てておくことでブラシの形が崩れるのも防ぐことができますよ♪

この記事ではメイクブラシの洗い方についてをお届けしましたが、メイク用のパフやスポンジの洗い方はまた別の方法で行う必要があります。詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください♡

ファンデーション用のスポンジおすすめ商品11選♡選び方/使い方/洗い方まで一気にご紹介!

メイクブラシの洗い方をマスターすればメイクのノリもUP♡

「【メイクブラシの洗い方】人工毛・天然毛別に徹底解説!簡単にキレイになるよ♡」の画像(#164174)

Photo by HAIR

今回はメイクブラシの洗い方や乾かし方等、お手入れ方法についてご紹介しました。メイクブラシを綺麗にすれば、メイクのノリがグンとUPします♡コスメだけでなくメイク時のアイテムにも気を使って、より綺麗な肌を目指しましょう!

この記事で紹介した商品

商品画像ブランド商品名特徴カテゴリー評価参考価格商品リンク
メイクブラシ専用クリーナー / DAISO

DAISO

メイクブラシ専用クリーナー

”コンパクトで洗った後のことも考えて乾かせる作り。突起のところがシリコンなのでブラシにも優しそう♪”

その他化粧小物

  • 評価 : VeryGood4.5
  • クチコミ数:481件
  • クリップ数:5323件
100円(税抜)
詳細を見る
メイクブラシクリーナー / DAISO

DAISO

メイクブラシクリーナー

”くるくるするだけでみるみる汚れが取れる!フタの部分も筆が立てられる作りになっていて完璧”

その他化粧小物

  • 評価 : VeryGood4.6
  • クチコミ数:426件
  • クリップ数:3267件
詳細を見る
熊野筆リセッター / 博雲堂

博雲堂

熊野筆リセッター

その他

  • 評価 : VeryGood4.2
  • クチコミ数:2件
  • クリップ数:7件
2,980円(税抜)
詳細を見る
クイックブラシクリーナー / PLAYLIST

PLAYLIST

クイックブラシクリーナー

その他化粧小物

  • 評価 : VeryGood4.3
  • クチコミ数:3件
  • クリップ数:22件
1,800円(税抜/編集部調べ)
詳細を見る

記事をシェアして友達に教えてみよう!

ピックアップ記事

新作コスメカレンダー

本日発売の新作コスメをチェック! 人気ブランドのコスメ最新情報が丸わかりです♡

2020年11月26日(Thu)

この記事で使われたタグ

無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、クリップするには会員登録が必要です

※webで商品をクリップするには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています