美まつ毛に仕上がる!自分に合ったマスカラの選び方

人気の定番アイテムや続々と登場する新作マスカラのなかから自分にぴったりの一点を見つけるために、まずは選び方のポイントを押さえましょう。

①理想の仕上がりに合わせてタイプを選ぼう

マスカラは、大きく分けてロング・ボリューム・カールキープの3種類あります。さらに、アイテムごとの機能はひとつとは限らず、ロング&カール、ボリューム&ロングのように複数の機能を合わせ持ったアイテムも。機能によって仕上がりが異なるので、特徴を知ってイメージに近いものを選びましょう。

すらりと長いまつ毛に見せる「ロングタイプ」

ロングタイプは、自然に長く見せたい人、ナチュラルメイク派さん、エレガント&フェミニンな目元を作りたい人におすすめ。

ロングタイプのマスカラは、繊維などによって短いまつ毛も自然に長く見せられるのが特徴。“繊維ありタイプ”と“繊維なしタイプ”があり、“繊維ありタイプ”はファイバーと呼ばれる細かい糸状の繊維が入っていて、まつ毛と一体化してしっかりと長さを出せます。

一方、“繊維なしタイプ”はまつ毛をコーティングして長く見せるため、まるで自まつ毛のような自然に長いまつ毛を演出できます。繊維なしは比較的ロング感が控えめですが、なかには特殊な粒子を配合することで長さを強調できるものも。

アイテムによって印象の強弱に違いはありますが、マスカラのなかでは自然に仕上がるロングタイプ。オフィスや学校といった「メイクしてる感」を出したくないシーンで、ナチュラル・フェミニン・エレガントなアイメイクに仕上げたい人におすすめです。

ロングタイプのマスカラをお探しなら、こちらの記事でおすすめ商品をチェックしてください。

太くて濃い華やかなまつ毛を演出する「ボリュームタイプ」

ボリュームタイプは、ボリュームアップさせたい人、目元を華やかに演出したい人におすすめ。パーティーや結婚式でのアイメイクにも。

ボリュームタイプのマスカラはまつ毛1本1本を太く濃く見せることで、目力が強く華やかな印象に仕上がるのが特徴。まつ毛の本数が少なかったり細かったりする人や、毛の色素が薄い人が、まつ毛の存在感をアップさせたいときにおすすめです。

また、ほかの種類のマスカラと比べてまつ毛の印象がしっかりと強調されるので、パーティや結婚式などのイベントごとにもぴったり。いつもよりパワフルで華やかなメイクをしたいときにもぜひ使ってほしいタイプです。

ボリュームタイプのマスカラについては、こちらの記事でより詳しく解説しています。

上向きカールを長時間キープする「カールキープタイプ」

カールキープタイプは、上向きカールを作りたい人、まつ毛が下がりやすい人小まめにメイク直しができない人におすすめ。

カールキープタイプは、ビューラーで上げたまつ毛の形を維持する機能があります。速乾性が高いマスカラ液でまつ毛をぴたっと固めるため、時間がたっても下がりにくいことが特徴。まつ毛が下がる原因のひとつはマスカラ液の重みなので、カールキープタイプは軽やかな使い心地のものが多く展開されています。

しかし、しっかり固めて上向きまつ毛をキープしてくれる分、簡単には落ちにくいという特徴も。リムーバーを使わないとオフしにくい場合がある点は注意が必要です。

まつ毛が下がりやすい人や、ビューラーを持ち歩いたり頻繁にメイク直しをしたりできない人におすすめの、カールキープタイプのマスカラ。気になる人は、カールキープのマスカラや下地を特集したこちらの記事もチェックしてくださいね。

②まつ毛の負担を減らしたいなら「お湯で落ちる」タイプに注目!

こすらずオフして目元の負担を軽減しよう。フィルムタイプならお湯で落ちるのににじみにくい!

マスカラをオフするとき、つい目元をゴシゴシこすってしまいがち。しかし最近は、お湯でスルッと落としやすい、フィルムタイプと呼ばれるマスカラも多く登場しています。

クレンジングで落とすタイプも正しい方法で落とすことで目元への負担を抑えられますが、より手軽に、目元への負担を抑えながらメイクオフをしたい場合は「お湯で落ちる」と書かれたタイプがおすすめ。こする回数を減らせると、目元のくすみや色素沈着を防ぐことにもつながりますよ。

フィルムタイプのマスカラは、乾くとまつ毛が耐水性のフィルムでコーティングされ、38~40℃のぬるま湯を付けるとふやけてスルッと落ちやすくなります。そのためお風呂では落としやすいのに、こすれや汗、水には強いんです。フィルムタイプのマスカラが気になる人は、こちらの人気ランキングもチェック!

③落ちにくさ重視なら「ウォータープルーフ」タイプがおすすめ

汗をかく人や下向きまつ毛さんはチェック!ウォータープルーフタイプは、汗や涙などの水分に強い。スマッジプルーフタイプは、皮脂などの油分に強い。

マスカラがにじんで、目の周りが黒くなる「パンダ目」。その原因である汗や湿気、こすれに負けずきれいな状態をキープしたいなら、ウォータープルーフのマスカラがおすすめです。耐水性が高いため、雨の日・夏のレジャー・スポーツなどでも崩れにくいのが特徴です。下向きまつ毛で肌とまつ毛が触れやすい人も要チェック。

水分だけでなく皮脂による崩れも気になる人は、スマッジプルーフタイプという選択肢も。水にも油分にも強く、にじみにくいので、肌がオイリーでメイクが崩れやすい脂性肌の人も使いやすいですよ。

ウォータープルーフマスカラのラインナップは、こちらの記事でも紹介しています。

④塗りやすさはブラシの形状で変わる!初心者にはアーチ・コームがおすすめ

初心者・不器用さんなら、目元にフィットしてムラなく塗れるアーチ型がおすすめ。ナチュラルメイク派にはコーム型がおすすめ。とかすように塗れるのでダマになりにくい。ボリューム感を出したいならロケット型。細かい調節がしやすく、下まつ毛にも塗りやすい。

マスカラ液だけではなく、ブラシ部分もメーカーやブランドごとにさまざまな工夫がされており、アーチ型・コーム型・ロケット型の3種類の形状に分類されます。それぞれ特徴があるので、自分が塗りやすいものを選んで美しい仕上がりを手に入れましょう。

ブラシの種類
  • アーチ型:目元にフィットしやすく初心者でも塗りやすい
  • コーム型:重ね塗りしてもダマ・塗りムラになりにくい
  • ロケット型:まつ毛1本1本を拾い、ボリューム感を出しやすい

初心者や不器用さんでもきれいに塗りたいなら、アーチ型・コーム型がおすすめ。アーチ型は目頭から目尻までキャッチしやすく、コーム型はきれいなセパレートが作りやすいことが特徴です。ロケット型は先端が細くなっているので目尻や下まつ毛などの細部の調整がしやすいものの、マスカラ液がたっぷりつくためダマになりやすく、初心者には難易度がやや高いでしょう。

⑤なりたいイメージに合わせてカラーを選ぼう

あなたの理想のイメージは?ブラックは、しっかりと力強い目元に。ブラウンは、ナチュラルで柔らかな雰囲気に。バーガンディは、色っぽく大人の雰囲気に。ピンクは、かわいらしくおしゃれな雰囲気に。ベージュは、抜け感&トレンド感のある目元に。クリアは、ツヤを出してすっぴん風の自然な印象に。

上段左:@cosmebaka 右: @shizuchi / 中段左:@kinakopan_cosme 右:@su_zu_0v0 / 下段左: @salut_mika 右:@sasahara2829_

一昔前はマスカラといえば黒が主流で、カラー展開があったとしてもブラウンぐらいでしたが、最近はおしゃれな色がたくさん販売されています。なりたいイメージやファッションなどに合わせて色を選ぶことで、ぐっと今っぽい仕上がりに

カラーごとのイメージ
  • ブラック:目元がぱっちりと際立ち、力強い印象に
  • ブラウン:ナチュラルで柔らかく、抜け感が出る
  • バーガンディー:洗練された色っぽさ、大人っぽさを演出
  • ピンク:かわいらしい雰囲気。くすみピンクならこなれ感が出る
  • ベージュ:抜け感・トレンド感のあるおしゃれな目元に
  • クリア:まつ毛に自然なツヤが出る。眉毛に動きを出すのにも◎

カラーマスカラ初心者におすすめなのはブラウン。明るいブラウンだと物足りなく感じるなら、ダークブラウンやこげ茶など濃い色を選ぶと、目元を強調しながら抜け感も演出できますよ。

そのほかのカラーも肌なじみがよく使いやすいものが多く展開されているので、ぜひ挑戦してみて!カラーマスカラの使い方や選び方をもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事で勉強しましょう。

初心者さんでもキレイに◎マスカラの基本の使い方

マスカラの基本の使い方をチェック!ブラシに液をしっかりと絡ませたら、まつ毛の根元にブラシをあて左右に動かしながら毛先まで塗る。次に、ブラシの先端で目尻を塗る。最後に、ブラシを立て左右に動かしながら下まつ毛に塗る。

上:@sati_usu / 下:@pink_beauty_eejs

せっかくいいマスカラを買っても、使い方が間違っているとムラになったり、ダマができたりしてしまうことも。初心者でも仕上がりがきれいになる、基本の使い方を解説します。

マスカラの基本的な使い方
  1. ブラシを容器の中で回すようにして、液を絡ませる
  2. ボトルの口やティッシュで余分な液を軽く落とす
  3. まつ毛の根元にブラシを当て、軽く左右に動かし毛先まで塗る
  4. ブラシの先端で目尻のまつ毛を1本ずつ塗る
  5. 下まつ毛はブラシを縦にして左右に動かす
  6. ダマが気になる場合は乾いてからコームでとかす

かつてのマスカラは、ブラシをしっかり左右に動かさないと液が付かなかったり、それでいて左右に動かすとダマがたくさんできたりしていました。しかし、最近のマスカラは塗りやすくダマになりにくいので、ボリュームを出すならブラシを左右に動かし、長さを出すならまっすぐ塗ってみて♪

また、きれいなカールをキープしたいならマスカラを塗る前にビューラーでしっかりとまつ毛を上げておきましょう。まつ毛の根元から毛先にかけて3回ぐらいに分けて挟むときれいに上がり、下がりにくくなります。

マスカラに関するよくある疑問

マスカラに関するよくある疑問点もチェックしておきましょう。

マスカラの簡単な落とし方は?

マスカラを落とすとき、いつものクレンジングで目元を何度もこすっていませんか?マスカラを落とすときは、アイメイク用のリムーバーを使うのがおすすめです。マスカラなどのアイメイクをスムーズに落とすために作られているので、摩擦による目元への負担を減らせます。

アイメイク用のリムーバーは、コットンに含ませてオフするタイプや、マスカラを塗るようにブラシでまつ毛になじませるタイプがあります。落とし切れなかった細かい部分にはリムーバーを含ませた綿棒を使うと、繊細にオフできますよ。

思うようにマスカラが落ちなくても、何度も強くこすったり、まつ毛を引っ張ったりするのはNG!まつ毛が抜ける・目元がくすむなど、トラブルの原因につながります。マスカラをスムーズに落とすために、人気のアイメイクリムーバーをチェックしておきましょう。

マスカラがにじまない方法はある?

落ちにくいマスカラを使っても目元がにじんでしまう場合、ほかに原因があるかもしれません。スキンケアやベースメイクで目の周りがべたついていると、マスカラがにじみやすくなります。目の周りは薄めにするか、マスカラを塗る前に綿棒などでまつ毛に付いた余分な油分をオフしておきましょう。

それでもにじむのが気になる場合は、目のキワにフェイスパウダーをのせたり、マスカラを塗ったあとにトップコートを使ったりするのがおすすめ。トップコートはにじんでパンダ目になるのを防ぐだけでなく、カールキープ力を高める効果が期待できます。トップコートについて詳しくは、こちらの記事で解説しています。

すぐにまつ毛が下がる…カールキープ力をアップさせる方法は?

上向きカールを維持するには、まずカールキープタイプのマスカラを選ぶのがおすすめ。それでもまつ毛が下がってくるなら、マスカラ以外の対策を試してみましょう。

1つめの対策は、マスカラ下地を使うこと。マスカラ下地は、まつ毛のボリュームアップだけでなく、カールキープ力を高める効果も期待できます。

2つめの対策は、ビューラーを見直すこと。ビューラーが目に合っていないと、まつ毛を根元からしっかりキャッチできず、弱いカールに仕上がります。カールをしっかり作るには、自分の目の形に合ったビューラーを使うことが大切です。

LIPSで人気のマスカラ下地・ビューラーは以下の記事からチェックしてください♡

パッチリとした目元を叶えたいなら、ほかのアイメイクアイテムもチェック!人気ランキングはこちらから

理想のアイメイクを手に入れたいなら、マスカラだけではなくアイシャドウやアイライナーといったコスメにもこだわって。以下の記事では、LIPSユーザーおすすめの人気商品を紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

新作コスメカレンダー

本日発売の新作コスメをチェック! 人気ブランドのコスメ最新情報が丸わかりです♡

2024年02月27日(Tue)
LIPSに商品登録したい方はこちら

TrendTags
この記事で使われたタグ

無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、保存するには会員登録が必要です

※webで商品を保存するには会員登録が必要です

※webでバリエーションを保存するには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています