1. LIPSフェスタ
  2. 利用規約及びポイント・送料に関する改定のお知らせ
オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介のサムネイル

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介

ヘアカラー独特の臭いや、髪へのダメージが気になるときにおすすめなのが『オーガニックハーブカラー』。今回はオーガニックハーブカラーをご紹介!おすすめの色や、ヘアスタイルから色落ち後の髪色、黒染め・白髪染めもOKなのか一緒に紹介します。

ひいらぎ
ひいらぎ

目次

オーガニックハーブカラーとは

Photo by HAIR

Photo by HAIR

オーガニックハーブカラーとは、化学農薬を使わずに育てられた有機栽培の植物エキスや、有機栽培の植物由来の染料成分を配合したヘアカラーのこと。ただ美容室ではヘアカラーの細かい説明はなく、「オーガニックカラー」や、「ハーブカラー」と似た表記をしているサロンも多いため、違いがわかりにくいですよね。それぞれの特徴と、オーガニックハーブカラーとの違いをご紹介していきます。

オーガニックカラーとは

オーガニックカラーとは有機栽培の植物エキス、染料成分と、化学染料が配合されたヘアカラーのことを指します。オーガニックハーブカラーの一種。髪のキューティクルを開いて色を入れるため、一般的なヘアカラーと似たように短時間で染められるメリットも。

ハーブカラーとは

その名の通り、植物由来の成分が配合されているヘアカラーのこと。オーガニックハーブカラーのことを略して、『ハーブカラー』と呼ぶこともあります。ただオーガニックではない植物由来の成分が配合されたヘアカラーのことを指す場合もあるので、気になる場合は『オーガニックハーブカラー』なのか、『ハーブカラー』なのか確認しておきましょう。

オーガニックハーブカラーのメリット&デメリット

メリット①ツヤ感のある髪色に仕上がる

Photo by HAIR

Photo by HAIR

オーガニックハーブカラーは植物由来の成分が髪にうるおいを与えてくれるので、輝くようなツヤ髪に仕上がります。一般的なカラー剤が配合されたタイプでも、髪へのダメージをやわらげパサつきにくい髪に♡何度もヘアカラーを繰り返して髪のパサつき、ゴワゴワ感が気になる人にもおすすめですよ。

メリット②髪にコシが出て、指通りが良くなる

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介の画像

天然の染料成分を使っているオーガニックハーブカラーは、保湿力も高く、コシのある美しい髪色を演出してくれます。ヘアカラーでトリートメント後のような指通りがなめらかな髪を目指したい人にもおすすめですよ。

メリット③ヘアカラー特有の臭いが少なめのタイプがある

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介の画像

天然の染料成分100%のオーガニックハーブカラーは、通常のヘアカラーよりもカラー剤の臭いが軽減されています。カラー剤特有の鼻にツーンとする臭いが苦手な人にもおすすめ。パーマ液の臭いと、ヘアカラーの臭いを少しでも軽減させたいときにも◎。

デメリット①カラーがなじむまで時間がかかる

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介の画像

天然の染料を100%配合したオーガニックハーブカラーは、髪をアルカリ性に傾けてキューティクルを開かないため、カラーがなじむまで時間がかかります。ヘアカラーをするのにあまり長い時間をかけたくない人は、化学染料も一緒に配合されたオーガニックハーブカラーを選んでみましょう。天然の染料100%のオーガニックハーブカラーよりも比較的短い時間でカラーができますよ。

デメリット②発色の良い明るい髪色にはならない

Photo by HAIR

Photo by HAIR

天然の染料成分100%のオーガニックハーブカラーは、髪色を明るく目立たせたいときには向いていません。髪色を明るくしたいときは、ブリーチがある一般的なヘアカラーや、オーガニックカラーを試した方が色ムラがなく、きれいな髪色を楽しめます。

デメリット③ハーブの香りが強い

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介の画像

オーガニックハーブカラーは植物由来の成分が多いタイプほど、ハーブの香りが強く、草っぽい臭いが香ります。ハーブの匂いが苦手な人は、特有の青っぽい草の香りが合わない場合も。特に100%植物由来の染料成分を使ったタイプは染める時間も長くかかるので、ヘアカラーをする前に香りのテスターをしてみると良いでしょう。

オーガニックハーブカラーは全部で3種類

タイプ①天然の染料成分を100%配合したオーガニックハーブカラー

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介の画像

天然の染料成分を100%配合したオーガニックハーブカラーには、こんな特徴があります。

  • オーガニック認定を受けた植物由来の染料成分を100%配合している
  • 天然の植物由来の成分だけで髪を染められる
  • 植物由来の成分が髪や、頭皮にうるおいを与えてくれる
  • 『ジアミン』に刺激を感じやすい人でもヘアカラーしやすい
  • カラーのラインナップが少ない
  • 通常のヘアカラーよりも髪が染まるまで時間がかかる

『ジアミン』とは、カラー剤に含まれる化学成分の一種。髪を染めやすくする一方で、刺激を感じてしまう人も。でも天然の染料成分が100%配合されたものは、ジアミンが含まれていません。そのため髪質によっては髪が染まるまで、1~2時間がかかるケースもあります。ちなみにハーブカラーで有名な『ヘナ』は植物由来の染料成分の一種で、オレンジ色に染まりやすい性質があります。

タイプ②天然の染料成分+少量の化学染料を配合したオーガニックハーブカラー

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介の画像

オーガニックの染料成分100%よりも染めやすく、髪色の種類が豊富なのが、天然の染料成分+少量の化学染料を配合したオーガニックハーブカラー。オーガニックの植物由来の染料成分と、化学染料を組み合わせているので、髪に色が入りやすく、カラーラインナップも選びやすいのが特徴です。さらにこんな特徴があります。

  • 化粧品染料配合のタイプと、ジアミン配合のタイプがある
  • 化学染料の成分は3%以下とごく少量のものが多い
  • ブリーチはしないため、金髪のようなハイトーンカラーには向いていない
  • 植物由来の染料100%と同じく、暗めカラーが得意

化学染料の成分はごくわずかのため、髪のダメージが気になる人にもおすすめ♡またオーガニック植物の染料成分の割合が多いので、髪にツヤ感、なめらかな手触りがほしい人にも◎。

タイプ③一般的なカラー剤にオーガニック植物由来の成分を配合したオーガニックハーブカラー

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介の画像

オーガニックハーブカラーで明るめの髪色に染めたい人に向いているのが、一般的なカラー剤にオーガニック植物由来の成分を配合したタイプです。「オーガニックカラー」とも呼ばれています。通常のヘアカラーと同じく、髪をアルカリ性に傾けてキューティクルを開き、色を入れるので比較的短時間でヘアカラーができます。またこのような特徴があります。

  • ハイトーンのような明るい髪色も可能
  • 一般的なヘアカラーと同じようにカラーの種類が豊富
  • インナーカラーや、ハイライトが入れやすい
  • カラー剤の臭いや、刺激は一般的なヘアカラーとあまり変わらない
  • オーガニック植物由来の成分のメリットがわかりにくい

色の薄いハイトーンカラーや、インナーカラーなど、理想のヘアカラーに近づけやすいというメリットがあります。3つのオーガニックハーブカラーの中では、一番カラーが染まりやすいので、ヘアカラーにあまり時間をかけたくないときにも向いているタイプですよ。

イルミナカラーとオーガニックカラーの違い

イルミナカラー/ウエラ/ヘアカラー by りゃん👾
photo by @riu328ringo

ツヤ感のあるヘアカラーと言えば、イルミナカラーも人気ですよね。オーガニックハーブカラーもツヤ感を演出してくれますが、このような違いがあります。

  • オーガニックハーブカラー…髪のトーンダウン、暗めカラーに染めたいときに◎!
  • イルミナカラー…ブリーチなしでも明るめの髪色にしたいときにおすすめ

オーガニックハーブカラーは髪の赤みを目立たなくさせるため、暗めのアッシュ系カラーなど落ち着いた髪色を楽しみたいときにおすすめです。一方イルミナカラーは、光をまとうようなやわらかい雰囲気にも仕上がるので、はっきりとした発色を求める人にも向いています。自分がなりたい髪色に合わせて、使い分けてみるのも良いでしょう。

もっとイルミナカラーを知りたい人はこちらの記事もチェック!【ブリーチなしのイルミナカラー色見本&カラーレシピ】15選|暗めの黒髪から青・ピンク・ベージュの明るめカラーも!

オーガニックハーブカラー【色見本&ヘアスタイル】おすすめ6選

おすすめ①アッシュ系オリーブブラウン×切りっぱなしミニボブ

Photo by HAIR

Photo by HAIR

オーガニックハーブカラーのツヤ感と、髪の赤みを抑える特徴を活かしたアッシュ系オリーブブラウン×切りっぱなしミニボブ。ボブのふんわり感と、ツヤ感が大人可愛いヘア♡

おすすめ②ミルクティベージュ×外ハネセミロング

Photo by HAIR

Photo by HAIR

やわらかい髪質に見せてくれるミルクティベージュ×外はねセミロングは、オーガニックハーブカラーのツヤと、ナチュラル感もいかしたヘアスタイル。前髪を作ると清楚感のある雰囲気に!

おすすめ③アッシュグレー×シースルーバング

Photo by HAIR

Photo by HAIR

重くなりやすい暗めカラーのアッシュグレーですが、オーガニックハーブカラーのツヤと透明感で上品な大人っぽいパーマスタイルに♡シースルーバングを組み合わせると、重たくなり過ぎず、可愛らしく仕上がりますよ。

おすすめ④オリーブブラウン×パーマ×セミロング

Photo by HAIR

Photo by HAIR

赤みを抑えたツヤ感のあるオリーブベージュと、長めのゆるふわパーマの組み合わせ。オーガニックハーブカラーの赤みを抑えた自然なカラーが、パーマの質感もツヤっぽくきれいに見せてくれます!

おすすめ⑤グレージュ×ストレートロングヘア

Photo by HAIR

Photo by HAIR

指通りのなめらかなサラつやロングヘアと、くすみがかったアッシュ系カラーの組み合わせです。オーガニックハーブカラーのツヤ感が、ストレートヘアの美しさを際立たせて、品のある大人っぽいヘアスタイルに♡

おすすめ⑥暗めグレージュ×大人セミロング

Photo by HAIR

Photo by HAIR

ヘアアレンジがしやすいセミロング丈の切りっぱなしヘアと、暗めカラーのグレージュの組み合わせ。髪の赤みを抑えやすいオーガニックハーブカラーは、ブラック系カラーの色落ちをきれいに見せてくれます。白髪染めで目立つ髪色にしたくないときにもおすすめのカラーですよ♡

オーガニックハーブカラーは染まりにくい?キレイな髪色を目指すコツ

コツ①暗めのカラーを選ぶ

Photo by HAIR

Photo by HAIR

暗めのカラーは色落ちしても、根元の地毛が目立ちにくく、キレイな髪色を長く楽しめます。特に明るい色には染まりにくいオーガニックハーブカラーは、黒髪・暗めカラーがおすすめ♡髪に透明感のあるツヤ感を与えてくれるので、暗めカラーでも重すぎないふんわりと自然なヘアスタイルに。

コツ②カラーに時間をかけられないときは、一般的なカラー剤配合のタイプを選ぶ

オーガニックハーブカラーとは?【色見本】6選|黒染め&白髪染めにも使えるか、色落ち後の髪色もご紹介の画像

ヘアカラーにかける時間があまりとれないときは、少量の化学染料を配合したタイプや、通常のカラー剤にオーガニック由来の成分を配合したタイプがおすすめ。オーガニック植物由来の成分を100%配合したオーガニックハーブカラーは、元の髪色を脱色したり、髪表面のキューティクルを開いてカラーが入りやすくする薬剤が含まれていません。そのため通常のヘアカラーと同じ時間をかけただけでは、カラーが染まりにくくなってしまうのです。時間があまり割けないけれど、オーガニックハーブカラーをしてみたいときは、美容室で使うオーガニックハーブカラーの種類を相談してみると良いでしょう。

コツ③小まめにオーガニックハーブカラーで染め直しする

ビューティラボ ホイップヘアカラー 泡タイプ/ビューティラボ/ヘアカラー by りょんてぃ🥀日韓夫婦
photo by @ayumu0927mama

ヘアカラーはどんな種類でも永久にカラーを保つことはできないので、キレイな発色を楽しみたいときは小まめに染め直すのがおすすめです。月1回を目安に、オーガニックヘアカラーで理想の髪色をキープしてみましょう。特に根元は髪が伸びてくると地毛の色が目立ちやすく、2ヶ月以上経つとプリン状態になってしまうことも。髪全体のキレイな発色を楽しみたいときは、小まめにオーガニックハーブカラーで髪色のお手入れをしてみましょう♡

黒染め・白髪染めはオーガニックハーブカラーでもできる?

Photo by HAIR

Photo by HAIR

髪を暗いトーンにする黒染めや、白髪を暗めカラーにする白髪染めは、オーガニックハーブカラーの得意分野ともいえます。100%オーガニック植物由来の成分を配合したタイプを選ぶときは、暗めカラーに発色しやすい天然の染料成分『インディコ』を配合したものを選ぶと、黒っぽいツヤのある美髪を楽しめますよ。

色落ちするとオーガニックハーブカラーはどんな髪色になる?色持ちを良くするには?

Photo by HAIR

Photo by HAIR

オーガニックハーブカラーが色落ちすると、黄味が目立ちやすくなったり、地毛の色が出てきたりします。特にオーガニック植物由来の成分100%の場合、インディコの藍色は色が落ちやすく、ヘナ特有の明るいオレンジ色が残るケースも。キレイな発色を長く保ちたい場合は、洗浄力がマイルドなハーブシャンプーを使ってみるのもおすすめです。

マイルドな洗浄力と「色素プロテクト処方」でオーガニックハーブカラーを長くキープ

フラガール の『カラーキープシャンプー』は、アミノ酸系の洗浄成分でマイルドな使い心地のシャンプー。独自処方の「色素プロテクト処方」で、オーガニックハーブカラーの色落ちをおだやかにしてくれます。泡立ちはやや弱いものの、髪の表面のキューティクルを整えてすこやかな髪を長くキープ!刺激に敏感な肌質の人にも◎。

フラガール カラートリートメント/フラガール/ヘアカラー by ★うまうまさん★フォロバ100
photo by @umauma_san

色落ちしても綺麗な髪に見せたいときはこちらの記事をチェック!色落ちしても綺麗なカラーって?メンズにもおすすめのヘアカラー11色&長持ちさせる対策もご紹介

セルフでハーブカラーに挑戦したい人におすすめ【市販】カラートリートメント5選

おすすめ①髪表面のキューティクルを整えながらツヤ髪に導くカラートリートメント

フラガールの『フラガール カラートリートメント』は乾いた髪にも使用でき、つややかな髪に整えるプチプラカラートリートメント。米国オーガニック認証団体OTCOが認定の『ローズマリー』、『アルテア』、『セージ』、『タイム』、『ラベンダー』を配合。さらに黒真珠由来の保湿成分がうるおいを与えて、コシのある指通りのなめらかな髪へと導きます。グレーベージュ、ナチュラルブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ローズブラウン、アッシュブラウンの全6色。

フラガール カラートリートメント/フラガール/ヘアカラー by みどこ
photo by @midoshan31

おすすめ②白髪染めにも◎!ヘナエキス配合で髪も頭皮もすこやかに

ジャパンヘナの『ジャパンヘナ ヘアトリートメント プラス』は、お肌に近いもみあげ、分け目、顔周りの部分など、髪全体に使うことができるヘナエキス配合のカラートリートメント。保湿成分のガゴメエキスや、ポリフェノールビタミン類、トウモロコシ由来のタンパク質がハリのあるつややかで美しい髪を保ってくれます♡自然な髪色におすすめのダークブラウンと、少し青みがかったナチュラルブラックの全2色展開。

手袋着用が推奨されてますが、私は手にそのまま出して塗ってます(笑) 手がびっくりするくらい黒くなりますが、シャンプーで洗い流してると自然と手に付着した色も取れました(°▽°) 取れ具合も恐らく個人差があるので、気になる方は手袋着用での使用をお勧めします🎀

https://lipscosme.com/posts/2276187

おすすめ③厳選されたヘナのみ100%使用!オレンジがかった暖色系カラーにしたい人にも◎

植物由来の成分100%のカラートリートメントに挑戦してみたい人におすすめなのが、ナイアード(naiad)の『ヘナ 100%』。自分好みの量でペーストを作れるので、たっぷりとカラートリートメントを使いたい人にもぴったり。ヘナ特有のオレンジがかった暖色系カラーで、ツヤ感のある美髪に仕上がりますよ。シリーズ内には、黒髪カラー・暗めの髪色におすすめの『ヘナ+木藍 黒茶系』もあります。

こちらは木藍(もくらん)入りのため、液を作ったら1時間以内に使わないとインディゴが発色しなくなるので割と普通のカラー感覚で染められます。 普段30〜40分放置して流してます。

https://lipscosme.com/posts/1525142

おすすめ④初心者さんにもわかりやすい説明書きがあり!ヘナとハーブの植物パワーで染めるカラートリートメント

テンスターの『ファイン ヘナ』は、ヘナパウダーとハーブが配合されている植物原料100%のカラートリートメント。パッケージに髪の長さに合わせた目安量がかかれているので、初めてセルフでハーブカラーをする人にもおすすめ♡ジアミン、漂白剤、パラベンが使われていない無添加処方です。カラーはブラウン、ダークブラウン、ライトブラウン、ディープブラウンの4色展開。

ファイン ヘナ/テンスター/ヘアカラー by 🐶じじちゃん🐶《💗》
photo by @sh_ysk_0120

染めるまでの工程とか放置時間も長いけど、それ以上に傷まないのに白髪が染まるのは本当に嬉しい😭✨

https://lipscosme.com/posts/2317092

おすすめ⑤厳選された14種類もの天然ハーブを配合!オレンジ味のある暖色系カラートリートメント

Os Natural Hennaの『Os Natural Henna レッドブラウン』は、ヘナ特有のオレンジがかった暖色カラーをセルフで手軽に楽しめるカラートリートメント。白髪の場合はオレンジ色のキレイな発色を、暗めの髪色の場合はほんのりオレンジがかったツヤ髪を楽しめます。同シリーズではインディゴネイビーや、グレーアッシュなど青みがかった髪色を楽しめるカラーもありますよ。

Os Natural Henna レッドブラウン/Os Natural Henna/ヘアカラー by 梅ちゃん
photo by @tiki__tikikitchen

髪の根元からヘナを付属の手袋で塗っていきます. 温かくて、自然の香りに癒されます. 初めて使用しましたが、不器用なわたしでも全体に伸ばすことができました.

https://lipscosme.com/posts/2915271

自分と相性の良いオーガニックハーブカラーでツヤ感のある髪色を楽しもう♡

Photo by HAIR

Photo by HAIR

髪のダメージや、パサつきが気になったり、一般的なカラー剤の臭いが苦手だったり、ヘアカラーを避けてしまう人も多いはず。自分と相性の良いオーガニックハーブカラーのタイプを選んで、ツヤのある髪色を楽しんでみませんか♡

この記事で紹介した商品

商品画像ブランド商品名特徴カテゴリー評価参考価格商品リンク
カラーキープシャンプー / フラガール

フラガール

カラーキープシャンプー

”仕上がりはふんわりとして、 しっかり染まりました♪艶も加わりとても気分が良いです。”

シャンプー・コンディショナー

  • 評価 : Good3.7
  • クチコミ数:8件
  • クリップ数:9件
詳細を見る
フラガール カラートリートメント / フラガール

フラガール

フラガール カラートリートメント

”回数を重ねるごとにどんどん髪が自然に馴染んで自分で実感するほどキレイな髪に。白髪ケアってなんとなく憂鬱になりがちだけど、これは染める度に嬉しくなります。”

ヘアカラー

  • 評価 : Good3.4
  • クチコミ数:29件
  • クリップ数:68件
2,200円(税込)
詳細を見る
ジャパンヘナ ヘアトリートメント プラス / ジャパンヘナ

ジャパンヘナ

ジャパンヘナ ヘアトリートメント プラス

”白髪が段々染まってきてグレーがかった色になってきて、目立たなくなります!完全に染めるというよりは目立たなくなる、という感じ。”

ヘアカラー

  • 評価 : Good3.5
  • クチコミ数:2件
  • クリップ数:14件
詳細を見る
ヘナ 100% / ナイアード

ナイアード

ヘナ 100%

ヘアカラー

  • 評価 : Good3.9
  • クチコミ数:5件
  • クリップ数:30件
1,100円(税込)
詳細を見る
ファイン ヘナ / テンスター

テンスター

ファイン ヘナ

ヘアカラー

  • 評価 : VeryGood4.1
  • クチコミ数:3件
  • クリップ数:14件
オープン価格
詳細を見る
Os Natural Henna レッドブラウン / Os Natural Henna

Os Natural Henna

Os Natural Henna レッドブラウン

ヘアカラー

  • 評価 : Good3.4
  • クチコミ数:2件
  • クリップ数:0件
1,815円(税込)
詳細を見る

記事をシェアして友達に教えてみよう!

新作コスメカレンダー

本日発売の新作コスメをチェック! 人気ブランドのコスメ最新情報が丸わかりです♡

2022年06月30日(Thu)LIPSに商品登録したい方はこちら (無料)

関連する記事

この記事で使われたタグ

無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、クリップするには会員登録が必要です

※webで商品をクリップするには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています