ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】のサムネイル

ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】

大人っぽい印象を持たれがちな面長さん。顔が間のびしてみえる、大きく見える、余白が気になるといったコンプレックスをもっている方も。そんな方へ、簡単に出できる面長解消メイク術のコツをご紹介します♪

面長解消メイクってどんなメイク?

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111629)

Photo by Beauty Navi

面長さんは、 おでこが広い、顎が長い、顔の余白が広い、目から下の距離が長い...などの特徴があります。

全て当てはまらなくても、複数当てはまると面長さんの可能性あり。

大人っぽくて落ち着いた雰囲気をお持ちですが、それをコンプレックスだと悩んでいる方もいますよね。

でも、メイクでポイントさえおさえれば面長が解消してみえるんです!

顔の縦幅を短くみせて小顔に♡面長解消メイクのやり方

パーツごとに、詳しく解説していきます!

基本的には顔の上下のパーツ位置を中央に寄せ、さらに左右に伸ばしていくイメージです。

初心者さんは、眉とチークと下まぶたのメイクだけでも試してみて。いつもと比べて大きく変わるはず。

その1:眉を平行に長く描く

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111399)

眉山を高くしてしまうとその分顔の縦幅が長く見えてしまいがち。

そのため、眉山は作らず形は平行に描くのがコツです。

元の眉の下に書き足していく事で眉位置も下に下げるとより面長が解消されます。

その2:アイシャドウは縦割りグラデ!アイラインは長めに

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111400)

アイシャドウのグラデーションは、アイホールに明るい色をのせ、目のキワに行くにつれだんだん濃くする人が多いはず。

これを【横割りグラデ】と言いますが、面長さんメイクは【縦割りグラデ】でアイシャドウを塗るとパーツが横に広がって見えます。

やり方は、目尻が一番濃い色、目頭にかけて薄い色のグラデーションをするだけ。

アイシャドウが隠れがちな奥二重さんにもおすすめです。

また、アイラインも長めに引く事で目が横長に見えて面長の印象が緩和されます。

その3:涙袋を描きロングタイプのマスカラで下まつげを長くみせる

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111401)

面長解消メイクで1番重要!と言っても過言ではないのが涙袋&下まつげのメイク。

ぷっくりとした涙袋を作り、下まつげを長く見せる事で顔の中の目の位置が下がって見えます。

あまり色のつかないパールの入ったアイシャドウで下まぶたをツヤっぽく仕上げて、涙袋の影にあたる部分をアイシャドウや薄いアイライナーなどでぼかしましょう。これでぷっくり涙袋が出来ちゃいます♡

また、下まつげのマスカラは必須。今までつけていなかったという人はぜひつけてみて。ロング効果のあるマスカラがおすすめです。

その4:チークは"気持ち、下"。横に広く楕円形に入れて頬の余白を消す

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111402)

チークの入れ方を、なまこさんがイラストで詳しく解説してくれているのでぜひ参考に!

面長さんは、横に広く入れていくと◯

不自然にならない程度に、"気持ち、下"を意識して入れていくと良いですよ。

目から口までの距離が長く余白が気になる人でも、このようにチークを入れる事で余白が埋まります。

ただ、頬骨に沿って斜めにチークを入れるのはNG。気になる顔の縦幅が余計に目立ってしまいます。

その5:ハイライトは鼻筋に入れてはNG!眉間とこめかみに

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111403)

ハイライトと言えば鼻筋!というイメージを捨ててください。鼻筋にハイライトを入れると縦幅が強調されてしまうため面長解消メイクとしてはNGなんです。

逆に横幅を広く見せるハイライトの入れ方は眉間とこめかみにいれること。

ハイライトを入れた部分は高さが出て見えるので、顔の中心と端に高さが出る事で横幅を広く見せる事ができますよ。

その6:ノーズシャドウ・輪郭のシェーディングはNO!上下のみ削って小顔に

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111404)

鼻筋のハイライトと同様に、ノーズシャドウも縦幅を強調してしまうメイク。面長解消メイクとしてはノーズシャドウは入れないのが吉です。

シェーディングは小顔と聞くと輪郭に入れてしまいそうですが、顔の横幅が狭い面長さんが輪郭を削ると、余計に狭く見えてしまいます。

削るのは上下。おでこと顎です。特におでこが広かったり顎が長かったりする人はここにシェーディングを入れて影を作ることで狭く見せるのが良いでしょう。

その7:リップは上唇か下唇よりオーバー気味につけてみて

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111405)

リップメイクのポイントは、あごが長い人と目から口までの距離が長い人で変わってきます。

あごが長いという人は下唇をオーバーリップに、目から口までの距離が長い人は上唇をオーバーリップに塗るといいですよ。

唇は、自分の持っている形を簡単に変えられるパーツです。普段使わないという人も一度リップペンシルでオーバーリップに形をとってから塗ってみて!いつもとガラリと雰囲気が変わりますよ。

メイクで魔法をかけてみて。

「ちょっとの工夫で、大きく変わる。面長→小顔に見せるメイク術【7つのポイント】」の画像(#111653)

Photo by Beauty Navi

2~3mmいつもより長くアイラインを描いたり、ちょっぴりオーバーにリップラインをとるだけで、顔の印象が変わって見えるもの。

ぜひためしてみてくださいね♡

記事をシェアして友達に教えてみよう!

ピックアップ記事

新作コスメカレンダー

本日発売の新作コスメをチェック! 人気ブランドのコスメ最新情報が丸わかりです♡

2020年10月24日(Sat)

この記事で使われたタグ

無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
今すぐ無料ダウンロード無料会員登録

※webで投稿にいいね、クリップするには会員登録が必要です

※webで商品をクリップするには会員登録が必要です

※キャンペーンへの参加はアプリからのみとなっています