無料の会員登録をすると、

お気に入りやフォローが出来ます

会員登録 ログイン
投稿日:2017年01月05日

寒い冬こそタイトスカートで!大人女子だけに許される、そんなタイトスカートは女子力の決め技です☆コーデの基本は、SexyじゃなくてFoxy♡ゴージャスよりはハイセンス。知性を感じさせるスマートな着こなしのコツは、〝引き算の美学〟です。

タイトスカートは大人の証

大人女子にありがちな悩み。ボディラインが出やすいからと敬遠するのはもったいない!実はボトムラインをスッキリ見せることが出来るタイトスカートこそ、大人女子の冬のコーデには是非加えたいアイテムです。

タイトスカートのお手本。モノトーンなコーデで冬でもスッキリの着こなしです。

出典:http://www.vplate.ru/yubki/fasony/

 

大人のタイトスカート 冬のコーデは引き算で

りんごちゃん体型はふんわりで♡タイトスカート冬コーデ

全体にふっくら丸い。でも足首は細い!そのきれいな足首を活かさないと勿体ないです。冬でもひざ下の見える靴で、上半身全体をふんわり包むようなトップスをコーデして逆三角形なラインを作ります。タイトスカートで下半身を細く見せるテクを使いましょう♡視線を足元に持って行きたいので、アクセサリーはむしろ不要です。引き算する勇気も大事ですね♪

タイトスカートのボトムを逆三角形に考えてトップスはゆったり冬ならではのコーデ

出典:BAZAAR

 

バストが豊かな人でも、トップスに柔らかく〝ふんわり〟をコーデすると、タイトスカートの堅いイメージを優しくしてくれます。でもタイトスカートが伸縮性の高い素材の時には要注意!太ももがしっかりしている人なら、素材もしっかりハードなタイトスカートを選びましょう♪細い足首を見せたいので、スカートのラインは「ここから下がもっと細い」ところがベストポジション!

やわらか素材のタイトは注意が必要。冬のコーデはセーター活用で。

出典:http://wear.jp/k21850912/5703964/

 

肩幅が邪魔をする?♡タイトスカート冬コーデ

冬のコーデの嬉しいポイントはジャケットを活用できること。胸元にVの空きが見えるようにトップスをコーデしましょう♪ダークカラーのアウターなら、より引き締まって見えます!ベージュのように優しい色で合わせると、きっちりし過ぎない引き算の完成です♡

胸元にVのラインはタイトスカートと相性ばっちり。冬の大人コーデのキメ手です。

出典:https://jp.pinterest.com/pin/338403359475288973/

 

ハードなイメージのレザージャケットですが、タイトスカートとTシャツの淡い色合いでワイルドになりすぎない女性らしいコーデが完成していますね♪色を3色に抑えているのも素敵です!飾りすぎない大人の冬の引き算コーデです。

レザージャケットの重たさをタイトスカートとTシャツの色がカバー。冬でも白は必須。

出典:http://wear.jp/yan05/5418388/

 

太ももがしっかりさん♡タイトスカート冬コーデ

冬のタイトスカートもハードな素材のものを選びましょう!コーデが楽になります。トップスと同系色でまとめて、視線を胸元に集める工夫をしましょう♪ロングブーツで細い足首を隠すことで、腰から下のラインをストレートにつくるとお尻の幅も太ももの幅もカバーしやすいです。時には自慢も隠しちゃう♡これも引き算コーデですね。

太ももしっかりなら冬のタイトスカートもきっちりハードで。視線を上半身に。

出典:http://www.vplate.ru/yubki/fasony/

 

タイトスカートはウエストのくびれ?♡タイトスカート冬コーデ

ウエストに自信が無くても、トップスとアウターとのコーデのバランスで着こなせます。トップスにビビットな色をコーデしてウエストをマークしない着こなしは上級者!冬は素材の良いチェスターコートで、あえてストレートなラインを作りましょう。ビビットな色が目線を上に持って来てくれるけれど、嫌われないコーデにまとまります♪

ビビットな色を合わせるのは勇気。冬のタイトスカートコーデの上級テクです。

出典:ONWARD CROSSET

 

冬こそタイトスカートでコーデを楽しもう

ロングコート。短めのタイトスカート。ケーブルニットのトップス。この3つの組み合わせは冬の大人コーデのお手本ですね♪

長い時間、歩く事が無いならパンプスでも素敵です♡イヤリングを外してマフラーも良いですね!今度はこれを、どう着ようかな?とバリエーションが広がる基本のおしゃれです。

ロングコートとタイトスカートは冬のコーデの黄金比!

出典:http://wear.jp/cloud9nail/8699848/

 

こちらもお手本コーデです。ロングコートにロングのタイトスカートで、Vネックのラインを見せてアクセサリーを付けない!どんな体型の人もタイトスカートが綺麗にキマるテクニックです。お腹が気になる人はトップスをタイトスカートの上にかぶせましょう。「足が短く見えるのはイヤ」という人はトップスをインしちゃいましょう♡

ロングコートにロングのタイトスカートも冬コーデには素敵です

出典:http://wear.jp/140406/5905428/

 

タイトスカートコーデの決め手は丈!

タイトスカートを選ぶときの決め手の一つに〝スカート丈〟がありますね。夏でも冬でも、どんなスカート丈でも大丈夫♡にはならないところが悩ましいです。一人一人の個性と魅力に合わせたラインを選ぶポイントを押さえましょう♪

フォーマルシーンは例外として♡タイトスカート冬コーデ

フォーマルな席でのスカート丈にはルールがあります。特に不祝儀のときには膝よりも12センチくらい下のラインのスカートが必須です。正座で座っても膝が隠れる長さがマナーなんですね。

タイトスカートも不祝儀ではこの長さ。でも普段使いはNG。

出典:CECILE

 

普段使いのベストなラインは?♡タイトスカート冬コーデ

ちょうど膝の真ん中。冬でも夏でも、タイトスカートはこのラインがベストです!膝はふくらはぎよりも細い人が多いからです♪ミモレ丈のスカートはスカートに動きのあるフレアなどには最高ですが、タイトスカートでは足が太く見えたり、短く見えたりします。ふくらはぎ部分にスカート丈を持ってこない。『短いスカートはシーンを選ぶ』がコツです。

ひざ丈ベストのタイトスカート。冬でもコーデは基本のラインをおさえることから。

出典:http://www.nissen.co.jp/sho_item/regular/0024/0024_23303.asp?ref=ad_10601_cate001_0000000

 

ミニスカートもベストポジションは膝上まで。これより短いと太ももの太いところにスカートのラインが来ます!足が太く見えるだけではなくて、上品にコーデすることが難しくなりますね...。冬のミニスカートは寒そうに見えることもあるので、アウターにはロングコートをコーデしたいですね♡

ミニも膝が見える程度まで。タイトスカートの着やせテクは冬も同じです。

出典:http://belluna.jp/ryuryu/01/010201/d/OBKV/01105/goods_detail/?s_cid=pajysj0000000001

 

でも時には遊んじゃう♡タイトスカート冬コーデ

こんなイレギュラーなラインのタイトスカートにも挑戦してみたいですね♪素材がしっかりしていると冬に着ても寒そうに見えません!トップスに大人しめの色とデザインをコーデするのがポイントですね♡

冬ならではの素材のタイトスカートは勇気のコーデだけど着てみたいですね。

 

冬はタイトスカートをコーデせよ♡

タイトスカートは、コートの季節、冬こそ楽しみたい大人のオシャレです♪ぜひにチャレンジしてみてください。

大胆なスリットのタイトスカートも、コーデ次第。冬にはトップスに工夫が必要ですね。

 

 

関連まとめ記事

人気のまとめ記事

新着のまとめ記事